夢のマイホームを賢く建てるお手伝いに。住宅関連プチ情報、トリビアから本格的な住まいのノウハウまで広くカバーします。

VOC揮発性有機化合物対策

a0960_003445
こんにちは。

20年くらい前からシックハウスについて耳にするようになって、
最近では多くの人が関心を持つようになった気がします。

一応知らない方のために説明しておきますと、
VOCとは揮発性有機化合物のことで建材や家具など、家にあるモノから発せられる、
体調に影響する揮発性(空気中に放出させる)の化学物質のことです。

目に見えず、臭いを感じないものも多く気づかないうちに健康被害を受けることがあって、
国としても対策やガイドラインを設けています。

さて、このVOCを家庭から排出するためにはどうすればよいか?についてお話します。

はじめに断っておきますが、
このVOCは、家に限らずあらゆる場所、あらゆるモノから発せられています。
家具でも衣類でも化粧品でも、あらゆるところからです。

人体からも出るモノもあります(もちろん極めて微量ですが・・・)。

ですので、本日の話は皆さまに関係する内容です。
結論から言うと、

1、温めると早くVOCは放出される
2、ある程度放出しきったら、放出はほとんどなくなる
3、VOCは空気よりも重い

この3つを上手く活用します。

新しく購入したもので、化学繊維や化学物質をたくさん使ったもの
(自然の木材や綿、麻などはほとんどVOCは気にしなくてよいので)については、
干せるものは干してVOCを出し切ってしまう。

家の換気扇を低い位置に設置する。
換気扇が高い位置にしかない場合は、足元まで開くドアを開けて換気する。

良く換気と言うと、窓を開けたり換気扇を使いますが、
キッチンの換気扇は蒸気や油を排出するのが目的なので、
通常は目線よりも高い位置にあります。

つまり、足元にたまるVOCの排出には、ほとんど役立ちません。

そうなると、通常の窓もVOCの排出には腰より高いために役に立たず、
足元まで開くドアやバルコニーの出入り口から排出することを考えなくてはなりません。

特に、小さい赤ちゃんがいるご家庭の場合は、
赤ちゃんがバルコニーに出ないようにするために、窓を開けて換気をすることが多いと思います。

ですが、VOCの観点で言えば、低い位置での換気が必要になります。

赤ちゃんがベッドで寝ている時などを利用して、
バルコニーの入口や玄関ドアなど足元まで開口するところから
換気することを心がけてください。

もちろん、家を建てる場合は低い位置の換気扇導入もご検討ください。

では。


・・・・・・・・・
今回の記事いかがでしたか?
役に立ったと思ったら、ランキング応援のクリックをよろしくお願いします。
つまらなかったら、他の方のブログもどうぞ。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

・・・・・・・・・
よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。
お返事も書きますので、よろしくお願いします。
(ブログに載せない場合は、こちらからどうぞ。
ブログに載せてもいい場合は、さらに一番下のコメント欄からどうぞ。)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村