夢のマイホームを賢く建てるお手伝いに。住宅関連プチ情報、トリビアから本格的な住まいのノウハウまで広くカバーします。

住まいづくりの価値観

s-若葉と朽ちた木
こんにちは。

住まいづくりを考える時、全体の雰囲気は人によって好みが様々。

高級マンション的な都会的雰囲気が好きな人、
オールドアメリカン風のカントリー調が好きな人、
MUJIのようなシンプルな雰囲気が好きな人、
町屋のような和風テイストが好きな人など。

ただ、上記の例の中で、都会的雰囲気・・・だけは、
固定したイメージがないので注意が必要です。

例えば、80年代後半の都会的イメージとは、
TVのドラマで流行った高級マンションのイメージでした。

そのイメージがどういうものか・・・は、ここでは細かく言いませんが、
とにかく今の感覚で見たら、人によっては一種のジョークに近いと感じるはず。
それくらい、人の感覚というのは変化するものです。
10年前に流行った格好をして外出するのに抵抗があるのも、この感覚の変化によります。

恐らく、当時最先端と思っていた建物も、現在住む人は今の感覚に合わせて内装を変えて、
今に合う雰囲気の部屋にして住んでいることでしょう。

つまり、今(流行)を追い求めると、
これから先延々と変化させていかなければならないということです。

私の考えとして、家族の成長、家族の変化に応じて、
住まいは変化させていくべきだと考えています。

ですから、一見すると、この今を追う、ということに近いと思われるかもしれません。
ただ、私の考える「今」というのは「家族の今の姿」であって、
世の中の流行という意味ではありません。

言葉は同じようでも、中身は全く違います。

ですから、基本となる住まい全体の雰囲気は、
これから先も変えない方がよい、というのが私の考えです。

流行という「他人の変化」に住まいを合わせるのは、正直しんどいと思います。
先々どう変化するか予測できませんし、相当のムダとガマンが必要になることでしょう。
家族を大切にするなら、家族の変化に目を向けて欲しいのです。

なので、私としては、飽きがこないオーソドックスなスタイルを
住まいに採用する方が好みですし、理にかなっていると考えています。

あなたのお考えはいかがでしょうか?

では。


・・・・・・・・・
今回の記事いかがでしたか?
役に立ったと思ったら、ランキング応援のクリックをよろしくお願いします。
つまらなかったら、他の方のブログもどうぞ。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

・・・・・・・・・
よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。
お返事も書きますので、よろしくお願いします。
(ブログに載せない場合は、こちらからどうぞ。
ブログに載せてもいい場合は、さらに一番下のコメント欄からどうぞ。)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村