夢のマイホームを賢く建てるお手伝いに。住宅関連プチ情報、トリビアから本格的な住まいのノウハウまで広くカバーします。

失敗しない家づくり

kunou2
こんにちは。

『失敗しない住まいづくり』とは良く聞きますが、
ではその住まいづくりの失敗は何のことでしょうか?

これは人によって違うと思います。

今日は、失敗しないためにどうするかを含め、
その辺について考えてみましょう。

まず、失敗と言っても、人によって様々です。
どんな失敗かを具体的に見てみますと、

 ・建てた後に、他にもっといい家があることを知った。
 ・欠陥が見つかった。
 ・予算オーバーした。
 ・担当営業マンの対応が不十分なためにイライラさせられた。
 ・予定していた設備がなかった。打合せ通りになっていなかった。

私が聞いた話はだいたいこれに近いところに集中しました。

もちろん、もっともっとありますが、
書ききれないので、この辺にしておきます。

では、これを避けるには、どうすればよいでしょうか?

何も悩む必要もありません。
単純明快な答えです。

建築会社をどこにするか?

これが全てのカギになります。

建築会社が良い会社なら、家の説明が十分あるでしょう。
あなたの要望がどのようなものであっても、
一通りの説明と判断基準を教えてくれるでしょう。

例えば、仮にあなたが2×4の家が欲しいと言って打合せしても、
2×4しか紹介しない、ということはありません。

世の中には他にもこんな木造の家があって、
それぞれ良い面と悪い面を教えてくれます。

この説明を一通り聞いてから、それでも当初の要望でいいのかを判断すればいいのです。
それまで2×4一辺倒の人も、決め撃ちすることなく、冷静に判断することができます。

最悪なのは、
「(仮に他のプランの方が要望にピッタリであっても)あなたが2×4って言ったから、
我々はその指示通りにします。」
って感じで、言いなりになることが正義だという建築会社。
・・・先々まで考えると、どこかで何か説明不足が元でトラブルが生じる可能性があります。

これは選ぶべき建築会社ではありません。

初めて家を建てるという人が多いのですから、
必ずしも要望を出し切れているワケではないはず。

たとえお客様がご存知であったとしても、
ちゃんと全体的な説明から始めて、一応の比較と、その会社の得意なところと不得意なところを
説明してくれる建築会社が最低ラインです。

そのうえで、自分の感性に合うかどうかを見ます。

これはつまり、大抵の人は「どんな建物を建てるか?」にフォーカスしますが、
本当はそうではなく「どこの建築会社で建てるか?」にフォーカスすべきだと言うことです。

建築会社選びが全ての始まりなのです。

さっきの例だと、はじめは2×4の家を建てるつもりが、
最後には他の工法になってるかもしれない、ということです。

皆さん「何を建てるか?」に主眼を置きますが、
本当は「どこの会社で建てるか?」がカギです。

そうすれば、先に挙げた失敗する心配が
グッと低くなります。

カタログ(つまり建物)にだまされないで建築会社を良く見てください。

では。


・・・・・・・・・
今回の記事いかがでしたか?
役に立ったと思ったら、ランキング応援のクリックをよろしくお願いします。
つまらなかったら、他の方のブログもどうぞ。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

・・・・・・・・・
よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。
お返事も書きますので、よろしくお願いします。
(ブログに載せない場合は、こちらからどうぞ。
ブログに載せてもいい場合は、さらに一番下のコメント欄からどうぞ。)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村