夢のマイホームを賢く建てるお手伝いに。住宅関連プチ情報、トリビアから本格的な住まいのノウハウまで広くカバーします。

続編-男の隠れ家…にならない男の書斎

a1180_011059
こんにちは。

住まいづくりの時、男性陣に人気なのが、ガレージ、風呂に続いて、書斎です。

書斎、これは男のサンクチュアリ(聖域)です。
書を読み、思考に耽り、時を忘れて過ごす場です。

海外の大金持ちのほとんどが、書斎やプライベートライブラリーを持っていて、
そこでは自慢の書物がたくさんあって、高級デスクや家具が置いてあったりします。

多くの男性にとっては、たまらない憧れがあるのです。

しかし、実際に書斎を持った身としましては、
結構ジャマが入ったりします・・・。

宅急便が来たり、子どもが入ってきたり、嫁さんが入ってきたり・・・。

決してサンクチュアリにはなりません。

ですが、悪いことばかりではありません。
やはり、書を読む場所を整えると、頭の回転も良くなります。
書を読めば知識も増えて、磨きがかかりますから、
書斎はぜひ持って欲しいと思っています。

ただ、前回も言った通り、
書斎=○帖の空間、という考えではダメだと思います。

現時点で書を読まない人が、書斎が欲しいといっても家族の同意を得られません。
少なくとも常に書を持っている、というのが前提です。

そのうえで、明るさの好み、書物の量、デスクの好みなど、
書斎を使う時の自分を想像して、どうしたいか?どう過ごしたいか?
を決めておく必要があります。

私の場合、光を嫌いました。
さんさんと輝く太陽は、書斎にある全てのモノを退色させるからです。

・・・と、こんな感じで、あなたも男の隠れ家・・・にはならないけれども、
男の夢にはなり得る、書斎に思いを巡らせてはいかがでしょうか?

では。


・・・・・・・・・
今回の記事いかがでしたか?
役に立ったと思ったら、ランキング応援のクリックをよろしくお願いします。
つまらなかったら、他の方のブログもどうぞ。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

・・・・・・・・・
よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。
お返事も書きますので、よろしくお願いします。
(ブログに載せない場合は、こちらからどうぞ。
ブログに載せてもいい場合は、さらに一番下のコメント欄からどうぞ。)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村