夢のマイホームを賢く建てるお手伝いに。住宅関連プチ情報、トリビアから本格的な住まいのノウハウまで広くカバーします。

注文住宅で建てる木の家の住宅性能

s-a0002_012023 ***本日2015年1月21日、朝の6時30分のお話です。***

こんにちは。

さて、Dさんのインナーガレージ付きの注文住宅のプランについて、
シリーズでお伝えしておりますが、今回はちょっと番外編です。

Dさんと知り合って、その後プランを立てるために話をした時に、
注文住宅で建てる木の家の住宅性能について彼に話をしたことがあります。

その中でも特に彼が興味を持ってくれたのが薪ストーブと木の家との相性でした。
木が断熱だけではなく、調湿もしてくれて室内をとても快適にしてくれるのですが、
そのおかげで、薪ストーブの火が消えた後も室内が長時間暖かいままというメリットがあります。

薪ストーブは手軽にオン/オフができない半面、
室内全体だけでなく、建物そのものまで暖めてくれるというメリットがあります。
だから、火が消えた後も保温、保湿してくれるという住宅性能が、
快適な生活のカギになってきます。

また、最近は24時間換気の設置義務があるため、
室内の暖められた空気を排気して、冷たい外気を取り込むため、
室温の低下や湿度が落ちて過乾燥になりやすい状況にあります。

今日はその話の番外編として、
わが家の室温と外気温の差、湿度の差についてお伝えしようと思います。

・・・

さて、本日は2015年1月21日ですが、
昨日12時に暖房を消して、朝6時30分ごろの室温と湿度をお伝えします。

前提条件は以下の通りです。

 ・暖房はガスヒーター
 ・加湿器は使っていない
 ・室内はリビングの温度と湿度を測定
 ・12時以降は、リビングをはじめ、他の部屋の暖房もエアコンを含め全てオフ
 ・24時間換気(計画換気)は常時オン

なお、暖房の方式は薪ストーブではありませんが、
木の家がどれくらいの住宅性能なのか?については十分参考になると思います。

また、計画換気システムは、熱交換式です。
これは、冷たい外気(吸気)に、暖かい室内の空気(排気)の暖かさを伝えてから、
室内に取りこむというエコ仕様です。

SA270002 ***写真:これは注文住宅をお考えなら、これは検討すべき設備のひとつです。各部屋から排気される空気と、外気から取り込んだ空気は全てここに一度集められます。そして、排気される室内の空気のあたたかさを、吸気された冷たい空気に伝えてくれるので、暖房費を節約できます。***

それでは、まず外気についてはこちらです。

s-20150121-out
外は気温6℃、湿度は36%くらいでした。

では室内はどうでしょうか?

s-20150121-home
室内は、室温16℃、湿度は60%くらいでした。

わが家の暖房は通常18℃設定ですので、
6時間30分で、たったの2℃しか低下していないこと分かります。

また、湿度も重要です。
湿度が60%くらいあると、湿度が36%の時よりも、同じ温度であったとしても暖かく感じられます。
(夏、ジメジメしていると暑く感じ、カラっとしていると涼しく感じることと同じです。
湿度が高い方が暖かく感じ、低い方が寒く感じます。)

朝起きて、パジャマのままでもつらくないくらいの暖かさです。

なお、新築から2~4年は調湿効果は安定しませんので、
わが家もかつては冬に過乾燥になっていた時期もあります。
でも、今は実際にこのような室温・湿度におちついています。

大体5年目から安定するっていう話を以前から耳にしていましたが、
これは事実のようです(私自身が実感しています)。

・・・

ということで、これから木の家を建てようと思っている人は、
参考にしてみてください。

重要なので繰り返しますが、5年くらいかけて木の家は安定してきます。
だから、家は買うもの&家は住みっぱなし・・・という考えの人には、
わが家のような木の家はあまり向いていません。

しかし、木の家に住みながら、じっくり大切に家を育てていくという人には、
これほど快適で素晴らしい住まいはないと実感しています。

家を育てていくからこそ、家のメンテナンスもするし、それを楽しむ。
そういう人には、木の家は本当に期待に応えてくれるものだと思っています。

室温・湿度の数字は、そういう人へ応えてくれる木の家のメリットの一部なのです。
また機会があれば、他のトピックについてもお伝えしていこうと思います。

では。


・・・・・・・・・
今回の記事いかがでしたか?
役に立ったと思ったら、ランキング応援のクリックをよろしくお願いします。
つまらなかったら、他の方のブログもどうぞ。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村