夢のマイホームを賢く建てるお手伝いに。住宅関連プチ情報、トリビアから本格的な住まいのノウハウまで広くカバーします。

私の実家は自慢の木の家

s-jikkakinoie ***今回は、ちょっと変わっていて、お施主さんの娘さんからのアンケートをご紹介します。そう、お施主さんの娘さんです。家族全員がストレスなく快適に過ごせる家を目指して、注文住宅で木の家を建てた時、娘さんはどう感じていたのでしょうかね?***

こんにちは。

住まパーで木の家に住み始めた人を対象にしてアンケートを取りました。
その中で、実際に住んでみた時の感想、住み心地、生活面での変化などについて、
自由書式で記入してもらえたコメントを紹介してまいります。

・・・

今回紹介するのはCさん宅のアンケートからです。
今回のCさんは、お父様が木の家の注文住宅を建てたということで、
一緒に住まいづくりをしたということです。

その時のことや、お父様をそばで見ていて感じたことなどについて
感想をお寄せいただきました。

それでは、早速Cさんの感想をどうぞ。

【お父様が木の家を建てたCさんの感想】

私が高校生の時に、お父さんが実家の土地に一戸建てを建てました。

私も初めて自分の部屋を持てることが嬉しくて、
お父さんと一緒に工事中も何度も見学に行って興奮していました。

注文住宅だったから、
お風呂をすごく大きくしてもらったり、トイレを2つにしてもらったり、
住み心地がいいように家族のこだわりをふんだんに取り入れてもらいました。
うちには、おじいちゃんもいるからバリアフリーにもしてもらいました。

私はその時ダンスをしてたから、家でもダンスできるようにと、
部屋のクローゼットの扉を鏡がついたものにしてもらいました。

またキッチンは、私とお母さんの二人で使いやすい高さを決めて、
その高さに合わせて調整してもらったりしました。
高さを変えるだけで疲れにくくなったってお母さんが喜んでいました。

ちょうどお家の周りが建物に囲まれてたから、
日当たりを考えて天窓を付けてもらいました。
天窓から光がさしこんで、部屋はすごく明るくて暖かくて最高です。

この暖かさは光だけじゃなくて、木の家だからっていうのもあるのかもしれません。
木って、なんだかぬくもりを感じますよね。
そういえば、お父さんも木のことについてこんなことを言っていました。

『丸みのあるフォルムを出せるのも木造だからなんだよ。』

そう言いながら、満足そうに木を眺めていました。

それから、キッチンの入り口(の上部)を丸くおしゃれなものにしてもらいました。
ちょっとしたことなんだけど、入り口が丸いだけで可愛らしいし優しい感じがします。
ここも気に入ってます。

お父さんは、最初は木造以外で考えていたらしいですが、結局木造の家になったそうです。
でも、今となっては、木の家は1つ1つ木のフォルムが違いますし、
木にはぬくもりを感じるというか、暖かさがあって正解だったと思います。

やっぱり一戸建てって大きな夢だと思います。
お父さんも満足そうだし、私たち家族ももちろん満足しています。

私も、将来はお父さんみたいに、自分の好きなようにデザインして、
住み心地がよくて、素敵なお家を建てられたらいいなと思っています。


・・・・・・ここまで。

では、順番にCさんの感想について見て行きましょう。

注文住宅だったから、
お風呂をすごく大きくしてもらったり、トイレを2つにしてもらったり、
住み心地がいいように家族のこだわりをふんだんに取り入れてもらいました。
うちには、おじいちゃんもいるからバリアフリーにもしてもらいました。

私はその時ダンスをしてたから、家でもダンスできるようにと、
部屋のクローゼットの扉を鏡がついたものにしてもらいました。


住まいづくりの基本は家族にピッタリの住まいにすることですね。

Cさんのご家族も、自分達にピッタリの住まいにするために、
色んな案を出し合ったということです。

ここでは詳細は書かれていませんが、バリアフリー仕様のお家ということですから、
お風呂とトイレにも細かな要望があって、
広さだけではなく位置や仕様も細かく話し合ったことでしょう。

お風呂やトイレも当然バリアフリー仕様になっていることでしょうし、
おじい様の移動のしやすさまで考慮して、
お部屋やキッチンの位置関係からなにから色々と手を加えていくことになります。

そういう意味で、注文住宅を選ばれたのは正解だったのではないでしょうか。

また、Cさんもクローゼットの扉に鏡をつけるなど、
ご自身のご要望を叶えられて良かったですね。

またキッチンは、私とお母さんの二人で使いやすい高さを決めて、
その高さに合わせて調整してもらったりしました。
高さを変えるだけで疲れにくくなったってお母さんが喜んでいました。


そうなんですよ!

キッチンって、ホントにちょっとした寸法の調整で使い勝手も違うし、
肩こりなどの疲れにくさも違うんです。

1日のうちで、長い時間を過ごす場所でもあるので、
ここは絶対にこだわってほしいポイントだと思います。

木って、なんだかぬくもりを感じますよね。
そういえば、お父さんも木のことについてこんなことを言っていました。

『丸みのあるフォルムを出せるのも木造だからなんだよ。』

そう言いながら、満足そうに木を眺めていました。

(中略)

お父さんは、最初は木造以外で考えていたらしいですが、結局木造の家になったそうです。
でも、今となっては、木の家は1つ1つ木のフォルムが違いますし、
木にはぬくもりを感じるというか、暖かさがあって正解だったと思います。

やっぱり一戸建てって大きな夢だと思います。
お父さんも満足そうだし、私たち家族ももちろん満足しています。


天然無垢の木であれば、木目ひとつをとっても、あるいは色合いひとつをとっても、
全く同じものは二つとありません。
だからこそ、人工のモノにはない良さがあるのですが、
その辺について、Cさんのお父様はよくご存知のようです。

また、ご家族全員が満足のいく住まいづくりができたということで、
毎日の生活がよりよくなったのではないでしょうか。

その辺りは、Cさん自身のコメントからも理解できますね。

私も、将来はお父さんみたいに、自分の好きなようにデザインして、
住み心地がよくて、素敵なお家を建てられたらいいなと思っています。


こう言ってもらえるだけで、お父様はとてもお喜びになったのではないでしょうか。
私にも娘がいますので、こんな風に言われたら嬉しいと思いますもの。

Cさんとご家族の皆さま、末永くお幸せにお過ごしください。

・・・

ということで、新シリーズの第三回目をお送りしました。

いかがでしたでしょうか?

あなたの参考になれば幸いです。

では、次回をお楽しみに。

・・・・・・・・・
今回の記事いかがでしたか?
役に立ったと思ったら、ランキング応援のクリックをよろしくお願いします。
つまらなかったら、他の方のブログもどうぞ。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村