夢のマイホームを賢く建てるお手伝いに。住宅関連プチ情報、トリビアから本格的な住まいのノウハウまで広くカバーします。

シックハウス症候群が心配

s-bien ***今回は、目に見えない敵、化学物質が気になるGさんの感想です。彼女は、以前に鼻炎に悩まされていて、シックハウス症候群について、知れば知るほど自分がそうではないか?と感じていたそうです。そんな彼女が、無垢の木の家を建てて住んでみたときの感想を紹介いたします。***

こんにちは。

住まパーで木の家に住み始めた人を対象にしてアンケートを取りました。
その中で、実際に住んでみた時の感想、住み心地、生活面での変化などについて、
自由書式で記入してもらえたコメントを紹介してまいります。

・・・

まず、今回紹介するのはGさん宅のアンケートからです。

Gさんはお子さんとご主人の三人暮らしの奥さまです。
元々鼻炎に悩まされていたということですが、
ある時にシックハウス症候群のことを知ります。

そして、一度気になってしまうと、もうそのことが頭に残ってしまい、
何かのたびに思い出しては心配になっていたそうです。
というのも、当時お住まいだったお家(持ち家)は、
シックハウス症候群が疑われる建材を多く使っていたからです。

だから、いつかはシックハウス症候群の心配がなくなるようにと、
無垢の木を使った家に建替えたいと思っていたということです。

そして、ご主人のご理解もあって、
念願かなって無垢の木の家にお家を建替えたといいます。

現在は、その木の家にお住まいになって4年目を迎えた方です。

それでは、早速Gさんの感想をどうぞ。

【鼻炎に悩まされていたGさんの無垢の木の家の感想】

私は3年前に家を建て替えたのですが、
新しい家は木の家にしたかったので、
木造建築に定評のある注文住宅メーカーに施工をお願いしました。

今の家に住んでから3年になりますが、住み心地は非常に良いです。

木には温もりを感じますし、木の香りをかぐと気持ちが落ち着きます。
それに、家にいるとそれだけで癒されるので、寝つきが良くなりました。
そのおかげで睡眠時間は変わらないのに、
以前と比べると仕事の疲れも取れやすくなった気がします。

また以前から気になっていた化学物質に配慮して、
木材は化学物質不使用の無垢材を使っています。
だから、シックハウス症候群の心配もありません。

そもそも、シックハウス症候群のことが気になったのは、
軽い鼻炎の症状に悩んでいたからです。

以前は、それほど深刻な症状ではないものの鼻炎に悩まされ続け、
家事と仕事の両立をする私としては、やはりわずらわしいものでした。

そんな時に、あるキッカケでシックハウス症候群のことを知りました。
通院しても治らないので、もしかしたら自分の鼻炎はそのせいのかも!?
という思いが続いていたのです。

だから、化学物質不使用の無垢材の家に住みたいなと思っていました。

その後、家のリフォームの話が出た時に、思い切って建て替えることになって、
今は念願かなって無垢材の家に住んでいます。

そして、新しい家に住むようになってからは
多くの人(注:同じ住宅メーカーで建てた他のお客さん)と同様に、
私も鼻の通りが良くなってきました。
さらに、息子のアトピーもほとんど症状が出なくなりました。
これには親子で大喜びでした。

また、木には調湿作用があり、保温性も高いので、
以前よりもエアコンを使うことが減りました。

そのおかげで以前よりも電気代を節約できるようになりました。
部屋が広くなった分、電気代が高くなると思っていたので、
これは嬉しい出来事でした。

それに、建物には無垢の木を使ったのでお金をかけましたが、
きちんと手入れをすれば木は長持ちするので、長期的には経済的です。

もちろん仕事で疲れがたまった時は、時々そのお手入れが面倒だと感じることもあります。
でも、その分愛着がわいてくるので、やっぱり木の家にして良かったと思います。


・・・・・・ここまで。

では、順番にGさんの感想について見て行きましょう。

私は3年前に家を建て替えたのですが、
新しい家は木の家にしたかったので、
木造建築に定評のある注文住宅メーカーに施工をお願いしました。

今の家に住んでから3年になりますが、住み心地は非常に良いです。


まず、ここには書かれておりませんので補足させていただくと、
Gさんのお家は元々戸建ての持ち家だったそうです。

ご両親から引き継いだということですが、
まだまだ住めるけれどリフォームが必要だったそうです。
そして、大規模なリフォームと建替えで悩んだそうですが、
共働きだったGさんは思い切って建替えをご主人に提案したそうです。

そして、ご主人のご理解もあって、念願かなって今のお住まいを建てられたということです。

木には温もりを感じますし、木の香りをかぐと気持ちが落ち着きます。
それに、家にいるとそれだけで癒されるので、寝つきが良くなりました。
そのおかげで睡眠時間は変わらないのに、
以前と比べると仕事の疲れも取れやすくなった気がします。


多くの方に共通する感想ですが、木のぬくもり、香り、
それらによる癒しの効果が、色んな形で現れるようです。

Gさんは以前より睡眠の質が向上したということです。
人は1日の内の4分の1から3分の1くらいを睡眠に使います。

『寝ているから、別にどんな部屋でも関係ないんじゃないの?』

・・・という考えの人もいますが、やっぱり睡眠の質は大切です。
部屋の温度と湿度、採光、音、空気など、睡眠の質に関係する多くの要素が建物に関係します。

普段、家事も仕事も子育てもがんばるGさんにとって、同じ時間で疲れが取れるという
この質の高い睡眠はかけがえのないものになっているようです。

睡眠時間を長くするのは大変ですが、同じ睡眠時間でも疲れが取れやすくなるなら、
これほど素晴らしいことはないですよね。

以前は、それほど深刻な症状ではないものの鼻炎に悩まされ続け、
家事と仕事の両立をする私としては、やはりわずらわしいものでした。

そんな時に、あるキッカケでシックハウス症候群のことを知りました。
通院しても治らないので、もしかしたら自分の鼻炎はそのせいのかも!?
という思いが続いていたのです。

だから、化学物質不使用の無垢材の家に住みたいなと思っていました。


Gさんは鼻炎に悩まされていたようです。

人はそれぞれ体の不調が出やすいところがあります。
目が疲れやすい、肩が凝りやすい、風邪をひきやすい、耳に不調が出やすい、などです。
Gさんはどうやら鼻に不調が出やすいのでしょうね。

もちろん、お体の調子については、お仕事や家事のお疲れによるところもあるのでしょうけれど、
シックハウスについて知るほどに、ご自分の生活する住環境が、
あまりにシックハウスが疑われる条件にマッチしていたとGさんはいいます。

そうなると、どうしてもわずらわしい通院の時などに何とかしたいという思いは募ることでしょう。
そして、Gさんの気持ちは化学物質を極力使用しない家に住みたいと感じ始めたといいます。

その後、家のリフォームの話が出た時に、思い切って建て替えることになって、
今は念願かなって無垢材の家に住んでいます。

そして、新しい家に住むようになってからは
多くの人(注:同じ住宅メーカーで建てた他のお客さん)と同様に、
私も鼻の通りが良くなってきました。
さらに、息子のアトピーもほとんど症状が出なくなりました。
これには親子で大喜びでした。


そして、念願かなって木の家にお住まいになられたということですね。

建てた住宅メーカーには、同じような悩みを持つ人が他にも多くいらっしゃって、
症状が改善したり、気にもならなくなったという感想が多く寄せられているそうです。
・・・もちろん、Gさんもそのひとりということですね。

そして、息子さんのアトピーの症状もなくなったということです。

Gさんが化学物質に対して敏感であるとするなら、息子さんも敏感である可能性は高いです。
いずれにしましても、お二人とも症状が改善したのであれば、それは何よりですね。

また、木には調湿作用があり、保温性も高いので、
以前よりもエアコンを使うことが減りました。

そのおかげで以前よりも電気代を節約できるようになりました。
部屋が広くなった分、電気代が高くなると思っていたので、
これは嬉しい出来事でした。


こちらも、多くの方が実感される木の家のメリットのひとつです。

木の家じゃなくても、今どきの住宅性能はあがっていますので、
ここ数年に建てたお家であれば電気代はやすくなる傾向にありますが、
それでも木の家の調湿作用、保湿性には、やっぱり素晴らしいモノがあります。

現代の住宅性能に加えて、さらに古くから住宅に使われてきた、
無垢の木が持つ強みを発揮してくれたということではないでしょうか。

以前のお家よりも省エネ住宅になって、それを実感されているということですね。

建物には無垢の木を使ったのでお金をかけましたが、
きちんと手入れをすれば木は長持ちするので、長期的には経済的です。


これは、私も同意見です。

結局、長く使うのであれば、良い物を大切に使うことで、
長期的には経済的になるものです。

そして、それは家となればなおさらです。
よい木はとても長持ちします。
だから、昔から何十年、時には何百年と住むことができる家に木を使ってきたのです。

今回早めの建替えとなったGさん宅ですが、
今の家は大切にお手入れされて、長持ちするでしょうから、
次の建替えは息子さんの代になっても不要でしょうね。

・・・それも木の家の楽しみのひとつです。

もちろん仕事で疲れがたまった時は、時々そのお手入れが面倒だと感じることもあります。
でも、その分愛着がわいてくるので、やっぱり木の家にして良かったと思います。


最後に、Gさんの本音のこの感想がいいですね。
確かに、時には面倒なこともあるんです。
でも、住みっぱなしじゃ長持ちする家も、長持ちしなくなってしまいます。

だから、お手入れすることに意味があるんです。
お手入れと言ったって、別に難しいことをするわけじゃありません。
誰にでもできることなんです。

そして、その『ちょっとお手入れ』するだけで、長持ちするのが住まいの特徴です。

Gさんは共働きのため、お手入れも時には大変かもしれませんが、
愛着をもってお住まいのお手入れも続けてほしいと思います。

・・・


最後に住まパーからお知らせです。

住まパーでは、お住まいのお手入れについてもサポートをしています。
Gさんのように共働きでお手入れするのが大変だという人のために、
お家を長持ちさせるためのメンテナンスプランのサービスもご提供させていただいております。
(こちらは、大規模リフォームまたは新築の場合に限ります。)

なかなか忙しくて時間がとれない!とおっしゃる方にも、
安心して末永く大切に住んでもらえるように、これからもサポートしてまいります。
ご希望の方は、プランニングの際にあわせてご相談ください。

・・・

ということで、新シリーズの第七回目をお送りしました。

いかがでしたでしょうか?

あなたの参考になれば幸いです。

では、次回をお楽しみに。

・・・・・・・・・
今回の記事いかがでしたか?
役に立ったと思ったら、ランキング応援のクリックをよろしくお願いします。
つまらなかったら、他の方のブログもどうぞ。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村