夢のマイホームを賢く建てるお手伝いに。住宅関連プチ情報、トリビアから本格的な住まいのノウハウまで広くカバーします。

ホームセンターに通ってDIY

IMG_2326 ***写真:作った日が懐かしい。今も現役の踏み台。ここに娘が背伸びして立ってたなぁ。***

こんにちは。

最近はあまりやりませんが、引っ越し当初はDIYを良くやりました。

新築の家に住みながら、これをこうしよう、あれをああしようと、
家族から様々な要望が出てきて、休み毎に作業をしていました。

私が初めてDIYらしいことをし始めたのが、
今から14年前くらいです。

その時から比べて、DIYも日本で定着した感があり、
DIY専用の雑誌も出てきて、ホームセンターが増えて、商品も充実。
当時は、近くのホームセンターには夏休みの工作に使うような木材しかなくて、
その時と比べれば、今はとても便利になりました。

北米では昔から一般的だったDIYも徐々に日本に浸透して、
ホームセンターで売られる機材も本格的なモノが見られるようになりました。
中には作業着を来た職人さんまで見かけますから、
プロはだしな人にはたまらない空間ではあります。

私も、始めたころはインパクトツールを持っていなかったので、
棚1つ作るために、木ねじを手で締めていたら、
腕がパンパンになっていたことを思い出します。

インパクトツールを買った時は、
「こんなに便利なら早く買えばよかった・・・」
と心の底から思ったものです。

だから、ツールコーナーで熱心に手にとって見ている人を見ると、
「う~ん、わかる、その気持ち。」
と内心感じていたりします。

・・・というか、私も興味あったりしますもの。

今では作るモノもそんなにないので、たまにしかDIYしませんが、
昔作ったものは、ほとんど現役で大活躍しています。

例えば、洗面所の踏み台。

子どもが自分で手洗いするために作ったのですが、
ガタガタすると危ないっていうことで、
スゴク丁寧に作ったのを思い出します。

子どもがそれに乗って手を洗うのが「普通」になって、
その踏み台がない時は、子どもが探しまわって・・・。

そのうち踏み台が要らないくらい背が伸びても
やっぱり習慣からか、踏み台に乗って手を洗い・・・。

しばらくしたら下の子が生まれて、
その子もやっぱりその踏み台を使って手を洗い・・・。

もう二人の子どもは踏み台が要らない身長になりましたが、
その踏み台を手放すつもりはないみたいです。

こうなると、あの時作ってて良かったと思います。

あなたも役に立ち、かけがえのない思い出になる、
そんな「日常」を演出してみてはいかがですか?

DIYも住まいづくりの一環です。
身近なところから始めるのがいいですね。

では。


・・・・・・・・・
今回の記事いかがでしたか?
役に立ったと思ったら、ランキング応援のクリックをよろしくお願いします。
つまらなかったら、他の方のブログもどうぞ。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

・・・・・・・・・
よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。
お返事も書きますので、よろしくお願いします。
(ブログに載せない場合は、こちらからどうぞ。
ブログに載せてもいい場合は、さらに一番下のコメント欄からどうぞ。)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村