夢のマイホームを賢く建てるお手伝いに。住宅関連プチ情報、トリビアから本格的な住まいのノウハウまで広くカバーします。

たっぷり収納と生活空間

IMG_0049 ***写真:わが家の自慢のロフト。これだけあれば、タップリ収納ですよ。***

こんにちは。

家を建てる人の関心事のひとつに、収納があります。
日本人は昔から、モノを大切にしてきたので、
どうしても荷物は多くなりがちです。

世間では断捨離(だんしゃり)という考え方も広まりつつあって、
それ用の書籍やサイトやセミナーまであるようですが、
いつまで経っても決定的なダイエット法が存在しないのと同じく、
これも気が付いたらモノがあふれる、というケースが多いと思います。

私もどちらかと言うと、モノは捨てるべきだという考え方なので、
断捨離は賛成ですし、実際に実行もしています。

ですが、家族が増えると、捨てられないモノも増えるのが実際のところ。
わが家は娘と息子がいるので、小さいとは言え『ひな人形』『五月人形』
の2種類がありますし、子どもの衣類だって、成長と共に増えます。

学校の用品も増えるし、断捨離してもモノは早いスピードで増えてしまいます。

また、収納量が多ければいいかというと、それだけではありません。
モノは収納するだけでなく、分類とアクセスが重要ですよね。

いくらモノを大切に保管していたとしても、
「あれ?どこ置いたかな?」
っていうことでは、意味がありません。

また、どこに保管しているかを分かっていても
「この荷物の山の奥の奥にあるのは確かだけど、出す気がしない・・・」
では同じく意味がありません。

つまり、収納とは
『収納量+分類(整理)+アクセス性』
の3点で優れている必要があります。

収納術っていうのを読むと、大抵は・・・

 ・スキマや使っていないデッドスペースの有効活用
 ・入れ方を工夫して、同じスペースによりたくさん収納する
 ・保存状態を良くする工夫
 ・それらを実行するためのDIYなどの工作指南

で占められている気がします。

私の妻もその手の収納が好きなので、ツメツメに収納してくれますが、
残念ながら、妻以外の人(特に私)が探したり、出したり、しまったりが
出来なくなってしまいます。

まずその前に、どこに何があるのか?が分かりません。

つまり、大人気の収納法にも、やっぱり限界があります。
確かに何も考えずに収納するよりは効率が上がりますが、
それでも過度の期待はしない方がいいということになります。

そこで、収納について、もしもこれから家を建てるという人には、
先の『収納量+分類(整理)+アクセス性』を全て満たすために、
ロフトを採用することをオススメします。

よくロフトをお子さんのベッドにしたりする方もいますが、
収納場所として使うのも便利です。
(というより、ロフトはそもそも収納場所です。)

収納量は間違いなく増えますし、ロフトは延べ床に含まれないので、
クローゼットなどと違って生活空間に影響しません。

また、広さを活かして分類することもできるので、
整理する時もアクセスする時も、とても便利です。
収納に関する生活のストレスから解放されると思います。

普通は、ロフトの下からは荷物が見えにくいので、
来客時の視線も、あまり気にしなくて済みます。

家を建てるなら、ぜひ検討してみることをオススメします。

では。


・・・・・・・・・
今回の記事いかがでしたか?
役に立ったと思ったら、ランキング応援のクリックをよろしくお願いします。
つまらなかったら、他の方のブログもどうぞ。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

・・・・・・・・・
よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。
お返事も書きますので、よろしくお願いします。
(ブログに載せない場合は、こちらからどうぞ。
ブログに載せてもいい場合は、さらに一番下のコメント欄からどうぞ。)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村