夢のマイホームを賢く建てるお手伝いに。住宅関連プチ情報、トリビアから本格的な住まいのノウハウまで広くカバーします。

一息つく部屋

a1180_014261
こんにちは。

あなたは、家の中で一息つくとしたら、どこでつきますか?
リビングのソファーですか?
ダイニングテーブルでコーヒーをしながらですか?

一息つく部屋というのは、休むという意味もありますが、
気持ちの切り替えやリセットという意味もありますよね。

例えば、やる気は維持したまま休憩する場合と、
集中できないようになったので、もう一度集中するためにリセットする場合、
同じ『一息つく』という行為でも、求めるモノは違うはず。

そうなると、一息つくのもケースに応じてお気に入りの場所を作っておくと、
何かとリフレッシュも上手くいくのではないでしょうか?

間取りを考える時に、
『リフレッシュする時にどうしようか?』
と考える人は少ないかもしれませんが、これも重要なファクターのひとつ。

例えば、私の場合、気持ちが乗らない時は、
1Fの寝室に使っている和室を利用します。

電気を消して、ゴロンと寝転がると、
余計な考えがスッキリしてきて、集中できたりします。

これは、余計なモノを置いていない、
部屋のベースカラーを落ち着くことを目的に選んでいる、
室内の温度湿度が他の部屋より安定している、
などの要素を整えているためです。

また、気持ちが乗っている時の休憩にはリビングを使います。

年中明るくて、活気がある場所なので、
そこで一杯のコーヒーを飲むか、冷たいお茶でも飲めば、
気持ちを高揚させたまま休憩することができます。

他にも、タバコを吸う人なら、喫煙する場所に何かこだわるとか、
人によってはトイレなどの個室にこだわるとか、
いろいろアイデアがあると思います。

『気持ちをもりあげる場所』には、
やる気を引き起こすための写真を用意したり、っていうのも効果ありです。
(お金を貯めて、買いたいものや行ってみたい旅行先のパンフとか、ですね。)

是非、住まいづくりの観点のひとつとして、
この『一息つく部屋』にも考えを巡らせてはどうでしょうか?

では。


・・・・・・・・・
今回の記事いかがでしたか?
役に立ったと思ったら、ランキング応援のクリックをよろしくお願いします。
つまらなかったら、他の方のブログもどうぞ。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

・・・・・・・・・
よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。
お返事も書きますので、よろしくお願いします。
(ブログに載せない場合は、こちらからどうぞ。
ブログに載せてもいい場合は、さらに一番下のコメント欄からどうぞ。)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村