夢のマイホームを賢く建てるお手伝いに。住宅関連プチ情報、トリビアから本格的な住まいのノウハウまで広くカバーします。

地鎮祭をやるべきか?

SA270004
こんにちは。

家を建てる前にやる地鎮祭について話をします。

最近は
「地鎮祭ってやらなくちゃいけないんですか?」
という疑問を持つ人も多いみたいです。

昔の習慣だから、もう関係ないのでは?という人もいるかもしれません。

私なりの考えをここではお伝えして、参考にしていただこうと思います。

さて、地鎮祭の意味を考えてみますと、
「土地の神さまに家を建てて土地を利用させてもらうことをお伝えする儀式」
ということになります。

工事関係者が集まって、お供え物をして、
神主さんに祝詞(のりと)を読んでもらいます。
日本から受け継がれる『八百万(やおよろず)の神さまへのごあいさつ』とお考えください。

ここで大切なのは、工事の安全祈願の意味もある、ということです。
神さまへのごあいさつをして、ちゃんと義理を通すわけです。

建築業界は昔から縁起を大切にしてきた業界です。
新年には社員全員で初詣に出かけて、安全祈願をしてもらうということが、
当たり前に行われてきた業界です。

その業界の人に、良い仕事をしてもらうためにも
施主として安全祈願をするワケです。

もちろん、地鎮祭をすることへの強制はありませんが、
工事関係者からすれば、お施主さんには工事の安全祈願をしてもらいたいと思うのが普通です。

地鎮祭にたくさんの費用を掛ける必要はありません。
ただ、祈願をするという気持ちと姿勢が大切なのではないでしょうか。
工事関係者だって、安全祈願をしてくれるお施主さんに悪い感情はないはずです。

なお、私も自宅を建てる時には地鎮祭をしました。
お供え物も含めて、全部で5万円くらいで出来たと思います。
(おそらく高くても10万円まででしょう。)

この5万円を節約できるお金と考えるか、それとも必要経費と考えるか、
一度工事する人の立場になって考えてみてはいかがでしょうか。

そのうえで、やるもやらないも、あなたの判断です。

では。


・・・・・・・・・
今回の記事いかがでしたか?
役に立ったと思ったら、ランキング応援のクリックをよろしくお願いします。
つまらなかったら、他の方のブログもどうぞ。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

・・・・・・・・・
よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。
お返事も書きますので、よろしくお願いします。
(ブログに載せない場合は、こちらからどうぞ。
ブログに載せてもいい場合は、さらに一番下のコメント欄からどうぞ。)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村