夢のマイホームを賢く建てるお手伝いに。住宅関連プチ情報、トリビアから本格的な住まいのノウハウまで広くカバーします。

住まいの無料相談の甘いワナ

a0001_016564
こんにちは。

住まいの無料相談ってよくあるのですが、
あれって、どうなんでしょうか?

私も家を計画した時に、住宅ローンの相談の一環として、
ファイナンシャルアドバイザーの無料相談を受けたことがあります。

内容的には、年収や年齢、家族構成、子どもの教育費の計画から
住宅ローンの返済ができるかを診断してくれる、というものでした。
子どもが小学校、中学校、高校、大学と進んで、平成何年に年額いくら必要で、
ローンと生活費を考えると…うんぬんかんぬん。

それで、アドバイザーからの質問内容からイヤな予感がします。
何となく回答が見え見えな気がするのですが、
それでも一応質問に答えるワケです、マジメに。

でもアドバイザーからの回答を聞いて、妻と二人で目を見合わせたのですが、
「そんなの、当たり前じゃん」
って内容の回答しか出てこないワケです。

悪い意味で「想定内(すぎる)」のアドバイスだったのです。
何か、見ず知らずの人に根掘り葉掘りと個人情報を聞き出されて、
プライバシーの侵害以外の何物でもない体験をさせていただきました。

「へ、これでアドバイスは終わり?
このために、私たちは家族の個人情報をさらしたワケですか?」

と、目がテンになったのを覚えています。

だって、返済計画とか、そんなのエクセルで書けば一発じゃないですか。
それくらい誰だって用意しますよ、と。

その時のファイナンシャルアドバイザーからの答えは、
「いやぁ、普通のお客様は、ここまで考えていません。
(自分でここまで)返済計画を考えているお客さん(←私たちのこと)の方が珍しいのです。」

ということでした。

確かに、エクセル使えない人とかもいるでしょうし、
中には自分では考えないという場合もあると思います。

ただ、プロが相談してくれるなら、相手に応じて回答内容も数パターン用意して欲しいと思いました。
何も考えていなかった!って人には、エクセルで返済計画を示してあげて、
既に返済計画がある人には、その人にとって役立つ内容を、もう一歩進めて回答して欲しいモノです。

これでは、無料とはいえ、実際には交通費も時間もムダにしただけだし、
そのファイナンシャルアドバイザーを紹介してくれた建築会社への印象も、
決して良いモノにはなりませんでした。

世の中フリーランチはない、という言葉がありますが、
本当に、世間一般の無料ってこんなもんか…とガッカリしました。
貴重な休みの日だったのに。
「無料ですから来てください。多くの方がよろこんでいますので。」
って言ってた営業マンの言葉が頭にこだまする思いでした。

まぁ、これはファイナンシャルプランナーの住宅ローンの話ですが、
よく展示場などで開催される、住まいの無料相談の方はどうなんでしょうか?

もう少し内容は深いのでしょうか?
あるいは、しょせん無料は無料のレベルでしょうかね。
相手に応じて、対応もバリエーションがあると、いいんですが・・・。

時間は大切にしたいものです。

では。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村