夢のマイホームを賢く建てるお手伝いに。住宅関連プチ情報、トリビアから本格的な住まいのノウハウまで広くカバーします。

住むには適さないオシャレな家

a1180_006770
こんにちは。

家を建てる前に、モデルハウスを見ていた時のことです。
カントリー調のオシャレな家の見学をしたことがあります。

雰囲気は好みにぴったりでしたし、
本当に夢に思い描くような、そんなお家でした。

日本にいることを忘れるような、
それくらい雰囲気を統一していたことを覚えています。

忘れられないのは、2階のベッドルームに窓があり、
そこから1階のリビングを見下ろすことができる、
吹き抜けのなっていたことです。

「2階の窓から外を見たら、カントリー調が崩れてしまう。
そのため、2階の部屋の窓からの景色は、家の中」と、
雰囲気を維持することに徹底してこだわっていることが、
スグにわかりました。

それくらい徹底しているので、家具も全て、
置いているものも全て、統一して、
「これ、一体いくら掛ってるんだろう…」
と、当時全くの素人だった私も気になるお家でした。

正直、今考えてもモデルハウスとしては、非常に優秀だと思いました。
ここまで徹底していると、お客さんの心はつかめると感心しました。

ただ、住むとなると、話は別です。

というのも、高コストにより実現しているのは、
とにかく「カントリー調という雰囲気」なのです。

つまり、良いと感じるものを現実化するには、
徹底したこだわりと予算が必要ということです。

仮に、近い建物を建てたとしても、
ちょっとミスマッチなモノをひとつ置くだけで、
たちまち雰囲気が崩れてしまします。

ということは、モデルハウスで感じた気分に浸るには
相当の覚悟と徹底した管理(ミスマッチは排除)が必要で、
結果として生活する場としては不向きだということになります。

これが飲食店だったら、話は別なのですが…。
モデルハウスをやめて、レストランにしてくれたら、
行きつけのお店にしたいですが、たぶん無理でしょうね。

でも、そうは言っても、あのモデルハウスは素晴らしい。
もう一度行ってみたいと思える、素晴らしい建物でした。

では。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村