夢のマイホームを賢く建てるお手伝いに。住宅関連プチ情報、トリビアから本格的な住まいのノウハウまで広くカバーします。

無垢の木を初体験

a1380_000462
こんにちは。

さて、モデルハウスへ初めて行った時に、ついつい目が行くのは
『広告』『豪華な設備』『家具』ではないでしょうか?
見せる側は、当然ですがそう誘導しています。

逆に考えれば『本当に見るモノを見られたくないから』別モノへ視線を誘導している、
という見方も出来ますよね。

そういうことに惑わされず、見るべきを見たい・・・と言う人に、
参考にして頂きたいはなしです。

さて、私がモデルハウスで見学した時に一番感動したこと、
それは「無垢の木」を体験したことでした。

『家には無垢の木がいい』ということは何となく感じていましたが、
実際に体験したことがない身としては、全く根拠のない話でした。
恐らく大半の人が同じではないでしょうか。

ですが、そのモデルハウスで無垢の木を体験して、
その素晴らしさを身にしみて感じてしまいました。

無垢の木の良さは、ズバリ『空気感』だと思います。

無垢の木をふんだんにつかった家に入ると、
空気が澄んでいて、どんな鈍感な人でも違いが分かるほど違います。

ついでに、木は調湿効果が高いので、高断熱・高気密と相乗効果によって、
玄関に入ったとたんに、夏は『ひんやり』、冬は『あったか』していて、
澄んだ空気を吸い込んで、何とも言えない心地良さを感じます。

とにかく、大人も子どもも、入った瞬間に違いを体感できるので、
ぜひ試してほしいですね。
私は『空気感』なんて小難しい言葉を使っていますが、
体感してもらえれば、なるほど!と納得できるハズです。

それくらい、当たり前のことのハズなのですが、
普通の住宅展示場のように『エアコン常時ON』とか、
無理矢理エコ住宅みたいなところではこの『当たり前』の体験ができません。

別に最新の技術などなくても、昔からある無垢の木を使った家なら、
最新の技術以上のことを『当たり前に』実現してくれるのです。
それを『体験』して、自分の五感で感じて欲しいのです。

ちなみに、子どもは特に正直なので、無垢の木の家に入るとスイッチオン、
大はしゃぎをして探検モードに入ります。
珍しいモノを見たから、というよりは『居心地が良いから気持ちが全開』という感じです。

逆に、子どもだって居心地の悪い部屋には、あまり長くいたがりません。
大人目線で取り繕った部屋は、子ども目線では退屈以外の何ものでもありません。
また、子どもに高価な設備や家具が壊されたら・・・と心配だから、
営業マンも顔をひきつらせていたりして。

もちろん、無垢の木の家は五感で感じて分かるモノなので、子どもの目線でもわかります。
元々自然のモノだから、お子さんが大はしゃぎしても、びくともしません。
また、もしもキズがついても、木を削ってキズを消すことだってできる本物のエコです。

だから、お子さんの行動を見ると、そのモデルハウスの実力がわかり、
その時の営業マンを見れば、張りぼての裏側が見えてくるかも!?知れません。
営業マンの言葉よりも、こっちの方が当てになるかも!?

では。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村