夢のマイホームを賢く建てるお手伝いに。住宅関連プチ情報、トリビアから本格的な住まいのノウハウまで広くカバーします。

中古住宅をリモデル

remodel
こんにちは。

新居として『中古住宅+リモデル』を検討する人が増えています。
恐らく新築よりも予算を下げられるからだと思います。
しかし、多くの人が知らない中古住宅の落とし穴があることをご存知ですか?

そういう背景があって、最近は中古住宅は契約前に
ホームインスペクションを受けることが広がってきています。

ホームインスペクションとは、不動産屋さんの意見をうのみにせず、
第三者に土地建物を評価してもらうのです。
そして、その第三者評価が不動産屋さんの意見と合うかどうか?見比べて、
同じなら「信用できる」、違えば「要注意」という判断基準になるのです。

今日はこの辺も含めて、『中古住宅+リモデル』のお話をします。

私は新築の家を建てようと思うまで、中古の家を買って、
リモデル(リフォーム)して住もうと思っていた時期があります。

一国一城の主になるといっても、新築ばかりが答えとは限りませんし、
中古住宅の中からしっかりした建物を探して、
それをリモデルするというアイデアも、解決策のひとつです。

そこで、色々調べ始めるのですが、出てくるのはイヤな話ばかり。

この中古住宅ってのがやっかいなのです。
というのも、今ある中古住宅って、トンデモナイ代物ばかりだからです。
見る目が無いと、コワイコワイ世界・・・なのです。

安いと思って飛び着いたら、逆に余計な費用がかかってしまったり、
最悪・・・建替えとかいうケースもあり得ます。

この辺り、色んな恐怖住宅に関する本が売っていますので、
そちらで「ひゃー」という事例を読んでもらいたいと思いますが、
とにかく前の持ち主が『手に余って手放す』というケースが後を絶たず、
そのために流通している中古住宅は、
よくよく調べてからにしないと、被害者になりかねません。

このような被害を受けないためにも、中古住宅を検討中の人には、
住宅診断(ホームインスペクション)をオススメしているのですが、
こういう費用をケチる人がいて驚かされます。

ホームインスペクターって、床下や屋根や屋根裏までチェックしてくれるのですが、
そこまで見る素人を見たことがありません。
不動産屋さんだって見てないです。

こちらのブログをお読みの人はそんなことないと思いますが、
土地建物はインスペクションサービスを受けた方がいいですね。

・・・と話を戻します。

そして、ホームインスペクターの助けを借りて、何とか良い家を見つけたとしても、
そこから『どうリモデルするか?』っていうのが重要になってきます。

だって、多分普通にリフォームして化粧直ししたくらいだと、
相当古臭い印象の家になること請け合いだからです。

普通は、新しい住み手の感覚で見れば、
使っている設備だけでなく、部屋の間取りからなにから、
色々手を加えたくなることが予測されます。
(もしも、手を加える必要がないような家なら、お値段もそれなりに高いでしょう。)

そして、どうせリモデルするなら、自分達家族に合わせて、
住みやすい仕様にしたいと考えるハズですね。
で、ここで1つ問題が。

『大規模にやると結局お金がかかる』ってことです。

新築が値段的に無理だから中古にしたのに、
コストが高くなりすぎると意味がない!ってことになりかねません。

とはいえ、古臭いまま我慢するのいまいち。
ということで、多くの人がDIYで安くリモデルしてみようと考えるワケです。
(少なくとも、私はこのパターン通り、DIYを考えていました。)

器用で、最後までやりきる自信があれば、
これは今でも有効な案だと思います。

土地値+αくらいの価格で土地と建物を買って、
車1台分くらいの価格でプロに水回りをリフォームしてもらい、
住みながら自分でリフォームしていく。

引っ越し前にキッチンとダイニングを休みの日を使って一気に仕上げ、
引っ越しした後は、住みながら1部屋ずつリフォーム。

お金がたまったら、プロにしかできない工事を頼む。
例えば、カベを抜くとか、サッシをペアガラスにするとか。

トータルコストはビックリするくらい安くなるかと思います。
ただし『相当の覚悟と実行力があれば』ですが。

よくある話ですが、DIYで住みながら家に手を加えるぞ、
って言って1年経っても2年経ってもそのままっていうのも見かけます。

・結局やる気は初めだけで作業にやる気がでない
・休みの日に普段の仕事の疲れを引きずって作業できない
・やってみたけど意外と難しい
・何だかんだと道具が無くて作業が進まない
・家族サービスをして時間が無い
・思うより時間がかかる

などなど、DIYで最後まで作業をやりきれる人はほんのわずかなんです。
そうなると、結局プロに頼むのが一番安くて安心で仕上がりが良かったりして。

その辺りは予算と相談しながら、自分の実行力と見合わせて判断してみてください。

さて、この『中古住宅+リモデル』のアイデアは人によってはベターな方法ですが、
必ず守って頂きたい注意点が2点あります。

1つは、先ほど言った『中古住宅はどんな不具合が潜むか分からない』
ので、ホームインスペクターに診断を依頼すること。
欠陥中古住宅を契約してしまうことだけは、避けねばなりません。

住まパーでは、このような中古住宅リフォーム派のために、
住宅診断士(ホームインスペクターとも言います)という公的資格を持つ専門家
(2014年時点で全国で1000人ちょっとしか有資格者がいない、超難関の資格)
による中古住宅の診断のサービスを提供していますので、
ご自分でホームインスペクターを探せない人は、サービスからお問い合わせください。

そしてもう1つは、銀行の融資です。
銀行は土地の評価額の100%の融資はしてくれません。
また、中古住宅は建物の評価額が0ということも珍しくありません。

そのため、このアイデアはある程度の自己資金が必要なのです。
ですので、自己資金が乏しい場合は、難しいとお考えください。

安く済ませるには、それなりに越えるべきハードルが待っています。

ということですが、自己資金があって、腕に自信がある人は、
このアイデアに挑戦してみてはいかがですか?
私はガッツのある人は応援したくなるので、
そういう人も住まパーに参加して欲しいと思っています。

最後に余談ですが、現在は木造の中古住宅の建物評価額ゼロ…というのも珍しくないですが、
今後は法的にも社会システム的にも欧米の住宅のように変化していくようです。

事実、高耐久な建物を建てて、中古住宅の流通も盛んにしていこう、という動きが
国土交通省や金融庁からも見られます。

そうなると、欧米で見られるように、本当に良い建物の場合、
土地よりも建物の評価額が高い、というものも見られるようになるでしょう。

そうなってくると、中古住宅の評価額も上がり住宅ローンも
将来的には組みやすくなると予想されます。
つまり、持ち家の住み替えが一般化する社会の到来ですね。

いよいよ『本物の高耐久な家を建てることが当たり前になる時代』
がやってきそうな予感です。
高品質・高耐久な家を建てた私にとっては望むところ、って感じがします。

家を建てるなら、この波に乗りましょう。

では。


・・・・・・・・・
今回の記事いかがでしたか?
役に立ったと思ったら、ランキング応援のクリックをよろしくお願いします。
つまらなかったら、他の方のブログもどうぞ。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

・・・・・・・・・
よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。
お返事も書きますので、よろしくお願いします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村