夢のマイホームを賢く建てるお手伝いに。住宅関連プチ情報、トリビアから本格的な住まいのノウハウまで広くカバーします。

土地選びは1に調査2に調査3に調査

mushimegane
こんにちは。

土地選びを始めたら、現地の見学に行くと思います。
ただ、人によって『楽しい』と『楽しくない』に分かれます。

これは、条件の厳しさと予算の都合にもよりますし、
時間の都合にもよります。

しかし、現地見学をしないで家を建てる人もいませんので、
『楽しい』人も、『楽しくない』人も、ここはがんばり所です。

私の場合は、住んでいる場所から遠方だったので、
『楽しい』とはいえ、大変だったことを覚えています。
また、折角時間の都合を付けて、遠方へ行ったのに、
どう考えても選ばないであろう土地だった時には、
本当にガッカリさせられた・・・という経験もあります。

しかし、こういう肩すかしを経験するからこそ、
要望にあう土地に出会える、というのも事実です。

価格的にも、立地的にも、気に行った土地が出てきたら、
見学を済ませてウキウキしているはずです。
その時には、もう色々な大変だったことは、忘れているかもしれません。

この段階では、夢が広がっていると思います。
だって、具体的な土地を見ることで、具体的な建物を想像できるから。
もっと言うと、具体的な生活を想像してしまうから。
そこには、夢の生活が待っている、と。

でも、ちょっとだけ待ってください。
ほんの少しだけ現実的な話をします。

見学は朝でしたか?昼でしたか?夜でしたか?
天気は?平日でしたか?それとも休日?

実は見学した時間帯だけでは分からないことも多いのです。
例えば、朝夕は通勤のラッシュで近くの道路が交通渋滞とか、
週末は近くの施設へ向かう車の渋滞とか、
後から気付いても、もう遅い、ということもあります。

ですので、見学で高印象だった土地は、追加調査が必要になります。

最低限でも朝夕はチェックしたいところ。
そのためにも、一回見学したからと安心せずに、
何度か時間を変えたりして、週末を利用したりして
『抜き打ち見学』を実施した方がいいです。

最後のツメが甘いと、見落としなどの失敗が怖いですから。

大切なので何度も言いますが、土地は同じものがないので、
丁寧に丁寧に調査してもし過ぎることはありません。
とにかく『コレだ!』って感じる土地があったら、何度か通った方がいいです。

では私はどうしたのか、というと、
住んでる場所が離れていたので、少々往復に時間がかかってしまい、
何度も足を運ぶことができませんでした。
(それでも最終的に3回は見学しました。3回でも少ないかもしれません。)

そこで、専門家にお願いして追加調査をしてもらったのです。

朝→バス通りが混雑、9時過ぎには混雑は緩和
昼→終日車通りは多いが、渋滞するほどではない
夕→車通りは多いが、渋滞するほどではない
近隣の聞き込みから、ゲリラ豪雨の影響が懸念される。
基礎の高さを考慮されたし。
・・・などなど。

遠方でしたし、プロの方に見てもらえたという安心感もあって、
土地を決める時には迷いは生じませんでした。
また、もちろん住んでみて調査通りだったので、問題は生じていません。

とにかく、土地は調査が大切。
慎重すぎるかな?って感じるくらいでも丁度いい位です。

ですので、良い土地が見つかった!っていう人は、
そこで気を抜かずに、最後のツメとして週末などを利用して
抜き打ち調査を実施してみてください。

また、時間的都合や、ご自分だけでは不安がある方は、
ちゃんと建築の専門家に相談した方がいいです。
専門家によっては、代理で調査をしてくれる人もいます。
(私も、建築の専門家に追加調査をお願いしたので、ご安心ください。)

ツメが甘いと、後悔するかもしれませんので、
ここは慎重かつ丁寧に。

では。


・・・・・・・・・
今回の記事いかがでしたか?
役に立ったと思ったら、ランキング応援のクリックをよろしくお願いします。
つまらなかったら、他の方のブログもどうぞ。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

・・・・・・・・・
よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。
お返事も書きますので、よろしくお願いします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村