夢のマイホームを賢く建てるお手伝いに。住宅関連プチ情報、トリビアから本格的な住まいのノウハウまで広くカバーします。

不動産屋さんの良しあしの差

a0003_001879
こんにちは。

土地選びにはパートナーとなる不動産屋さんが必要です。
土地の契約には、宅建主任の資格を持つ人が必要だからです。

でも、この不動産屋さんには色んな人がいて、人間模様も様々です。

私が土地を検討している時にも、もちろん不動産屋さんにはお世話になりました。
そんな中で出会った、不動産屋さんの話を紹介します。

不動産屋さんには賃貸を含めて一生に数回しかお世話にならない、
そういう人が大半ではないでしょうか。

また、一度決めると中々後戻りできない・・・というプレッシャーもあって、
多くの人が慎重になります。

しかし、この慎重さは時には足かせになってしまい、
希望にピッタリの不動産をみすみす他の誰かに取られてしまう、
ということも良くあります。

そこで出るのが、不動産屋さんのセールステクニックの数々。
基本は『不動産に慣れていないお客さん』の背中を後押しするのが目的です。

そんな不動産屋さんのセールステクニックの1つに、
初めに見劣りする悪物件を見せて、その後本命となる物件を見せることで、
「良く見える」ように錯覚を起こすというテクニックがあります。

(このセールステクニックを使う時ですが、十分に案内する時間がある時は、
良すぎてため息が出る物件⇒ガッカリ物件⇒本命となる物件、の順で案内します。)

それで、これを忠実に、イヤ、忠実すぎるくらいに守ろうとしている営業マンがいたりして、
ガッカリを通り越して、笑っちゃうくらいの『悪物件』を見せてくれることがあります。

「いやいや、これを紹介するアンタが信用できないよ・・・。」
ってことに気づかず、一生懸命最低の物件を見せてくれます。
次の物件がまともな本命物件でも、その営業マンに不信感を抱いているので、まともに見えません。

世の中には『程度』って言葉があって、信用を失うほどのガッカリ物件に案内してどうするんでしょうか。
本命物件を案内されても、『きっと裏がある』って感じてまともに見れません。
もちろん、こんな『テクニック偏重型』不動産屋さんは却下ですね。

かと思えば、まともな営業マンもいます。

ちゃんと事前に紹介先をチェックしていた営業マン手書きのノートを元に、
「これは○○でした。広告には記載されていませんでしたが△△がどうでこうで・・・」
と、下見した時の状況と事実をまず説明してくれます。

広告の情報をある意味「鵜呑みにしない」という姿勢が高評価でした。

もちろん、現地に行っても説明も的確。
私たちにも理解出来るように、丁寧に教えてくれます。

下準備+現地見学⇒理解が深まる
という流れで、見学者の時間も無駄にしませんし、
こういう営業マンが増えてくれたら、と思います。

こういう人は、先のテクニックを使う時も、もっとスマートです。
「(ガッカリ物件へ行って)一応、普通の物件を紹介します。
ここは、おしいのですが、○○がダメなんですよ。
(次の本命物件へ行って)先ほどと違って、ここは○○が良いと思いませんか?
ですので、私はこちらをオススメしようとご案内しました。」
と、あくまでお客さんの理解の手助けとしてガッカリ物件を案内して
比較対象をわかりやすく説明してくれるのが目的だったとしたらどうでしょうか。

現物を見てオススメとそうでない建物を見ているので、理解も深まりますし、
不動産屋さんへの信用度もアップします。
普通は、テクニックはこのように『目的に合わせて』応用して使うものです。

私としては、記憶で説明せず『手書きのノート』って所にも、その人の人柄を感じました。
同じように下準備をしている営業マンは他にもいましたが、一歩上をいく感じがしました。

いずれにしましても、不動産屋さんを選ぶ時は営業マンの人柄と正直さが大切ですよね。
良い情報だけでなく、悪い情報も教えてくれないと、正確に判断できませんし、
契約後に問題が発生することにもなりかねません。

Honesty is the best policy.
(正直に優る方法なし、という意味の英語です。)

参考になりましたでしょうか。

では。


・・・・・・・・・
今回の記事いかがでしたか?
役に立ったと思ったら、ランキング応援のクリックをよろしくお願いします。
つまらなかったら、他の方のブログもどうぞ。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

・・・・・・・・・
よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。
お返事も書きますので、よろしくお願いします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村