夢のマイホームを賢く建てるお手伝いに。住宅関連プチ情報、トリビアから本格的な住まいのノウハウまで広くカバーします。

地盤改良の話

SA270016 ***写真:地盤改良方法を決めるためのSWS地盤測定***

こんにちは。

プランを建てる時、見積りを依頼するとき、忘れてはならないのが、
『地盤改良』のことです。

砂上の城に価値がないように、地盤改良をおこたった建物は、
地震や周辺の変化によって様々な不具合を誘発してしまいます。

『地震があったら、その時は地震保険が下りるから大丈夫!』
なんて悠長なことを言っている人がいたりしますが、それは半分間違いです。
地盤は地震だけを心配してのことではないからです。

たとえばの話、近隣にマンションが建つことはありえませんか?
そのマンションの影響を受けて、地盤に変化が・・・というケースはどうでしょうか?

『え?近隣にマンションが建って、なぜ地盤に変化があるの?』
って思った人はいませんか?

マンションの重量を支えるのはどこでしょうか?
それは同じ地盤じゃないでしょうか?

地盤は人間の重さくらいではふわふわしないので想像できないかもしれませんが、
マンションくらいの重量がのしかかると、周辺には当然その重量を受けた時に変化があります。

キチンと地盤のことを考えて建てた家はビクともしませんが、
ギリギリ設定の地盤の場合は、近隣の新築で建てられたマンションの影響を受けることは十分ありえます。

なにも、近隣のマンション建設の影響は日照権だけじゃないんですよね。

そんなワケで、わが家は余裕を見て家を建てるために、
地盤の測定を実施しました(写真はその時の1枚)。

建物の柱が立つところ付近にマーキングがしてあって、そこの地盤をSWSという方式で測定しています。

・・・と、ここで重要なのが『柱が立つ付近』というところです。
建物のプランが決まらないと、これも決まらないですよね?
ですから、たとえ地盤測定を既に完了していても、
プランを大幅変更したら、このSWSをもう一度やり直すこともあるのです。

なので、地盤はプランとも連携している、ということは覚えておいて損はありません。

もちろん、小変更であれば問題ないですが、
土地によっては1mも違えば地盤測定の結果に変化があることは十分あり得ます。
ちゃんとその辺まで考えてくれる建築会社を選びたいものです。

わが家の場合は、ちょっとギリギリだったんですね。
地盤改良してもしなくても何とかなる範囲だったんです。
しかし、長い目で見て『あとで困らないように』ということで、
思い切って改良をすることにしました。

この辺りは、予算にも影響するので判断はそれぞれですが、
私たち家族には理にかなった選択だったと思っています。

さて、これら地盤測定とプランと見積りは全て一体ですので、
この地盤改良について、プランニングの時には必ず気を配るようにしてください。

建物のことばかりに気を配って、足元がおろそかだと、
どんなに地震に強い建物を建てても『砂上の城』になってしまいます。

最後に、地盤改良をしても建築会社はほとんど儲かりません。
同じお金を使うなら、利益を生む設備に使ってほしい・・・のが会社経営する側の本音ですが、
それでも地盤改良を施主のために提案してくれるところは正直な会社ではないでしょうか。
その辺りも、覚えておくと『建築会社選び』に役に立つかもしれません。

いずれにしましても、建売では地盤改良はお任せですが注文住宅は選択できることのひとつ。
長い目で見て、自分達に合う選択をしてほしいと思います。

では。


・・・・・・・・・
今回の記事いかがでしたか?
役に立ったと思ったら、ランキング応援のクリックをよろしくお願いします。
つまらなかったら、他の方のブログもどうぞ。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

・・・・・・・・・
よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。
お返事も書きますので、よろしくお願いします。
(ブログに載せない場合は、こちらからどうぞ。
ブログに載せてもいい場合は、さらに一番下のコメント欄からどうぞ。)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村