夢のマイホームを賢く建てるお手伝いに。住宅関連プチ情報、トリビアから本格的な住まいのノウハウまで広くカバーします。

安心感がダンゼン違った

a0001_012524
こんにちは。

大切なことなので繰り返しますが、
パートナー選びが間違いなければ、初めてのことだらけの住まいづくりを
危なげなく進めることができます。

とにかく安心感が違うのです。

これって、本当に大切なことだと思うのです。

私の経験をお話しますと、建築中にお隣からクレームが来たことがあります。
『雨どいがまだついてないのですが、雨の日に水が落ちてきて困っている』
というものでした。

迷惑をおかけしたのは申し訳ないですが、工事の途中の話。
雨どいを付ける前に運悪くの雨だったわけですが、
こんな時もわが家のパートナーKさんは、お隣に真摯に対応してくれました。

普通だったら『ご迷惑をおかけしました。工事は後日やります。』で終わりますが、
ちゃんといつ頃工事するかとか、工事後も問題があれば連絡欲しいとか、
お隣の人が不安にならないようにと迅速かつ適切に対応していただきました。

これはつまり、私たちが住んでからのことまで考えて、対応していただいたのです。
『何かあってもお隣の建築会社さんは対応してくれる』
『連絡先があるから連絡できる』
という安心感から、お隣の人との関係は住み始めて今までずっと良好なのです。

そう、ここで重要なのは『住んでからのこと』なのです。
売りっぱなしとまでは言わないまでも、定期点検すればおしまい、
というのでは困ります。

工事中は近隣に多少なりとも迷惑を掛けてしまいます。
対応が少し間違うだけでも感情的になることだってあります。
その対応を間違えた時、困るのはそこに住む家族なのです。

そのことを考えたら『雨水くらい・・・』なんて軽く言えないのです。
そのことを知ってるからこその、迅速かつ適切な対応が必要なのです。
引いては、お隣の人の中には、そういう信頼のある会社に依頼したという事実から、
私たち家族のことを信用してくれることにもつながります。

注文住宅の場合は、建ててからが本当のお付き合いが始まります。
定期点検もそうですし、メンテナンスでもお世話になります。

長い目で見て付き合えるパートナーでなければなりません。

しかし、色んな人の話を聞くと『売っておしまい』というところも多いと聞きます。
非常に残念なことです。

わが家は毎年点検はもちろんですが、プライベートな会話も普通にできる仲です。
だから子どもの成長に合わせて、今後何をどうしようか?何て話もします。
『ロフト部分を少し改良しましょうか?』
『駐車スペースの上にBBQが出来るようなウッドデッキを作ろうか?』
『そのうち石風呂にしようよ』
とか、楽しい話ですよ。

つまり、住んでからもドンドン変化しながら、楽しむ。
そういう住まいづくりです。

ということは、会社との付き合いというよりも、
人と人の付き合いに近いですね。

これが、すなわち現在の安心感につながっていると思っています。

この安心感を含めて既に建てた人達と建築会社がどう付き合っているのか?
っていうところもチェックポイントになるのではないでしょうか。
建築会社が過去に建てた建物以外にも、その後のつながりについても
リサーチしてみると面白いかもしれません。

・・・何にも話すネタがなかったりして・・・(汗)

では。


・・・・・・・・・
今回の記事いかがでしたか?
役に立ったと思ったら、ランキング応援のクリックをよろしくお願いします。
つまらなかったら、他の方のブログもどうぞ。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

・・・・・・・・・
よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。
お返事も書きますので、よろしくお願いします。
(ブログに載せない場合は、こちらからどうぞ。
ブログに載せてもいい場合は、さらに一番下のコメント欄からどうぞ。)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村