夢のマイホームを賢く建てるお手伝いに。住宅関連プチ情報、トリビアから本格的な住まいのノウハウまで広くカバーします。

これがわが家のシンボル

s-par ***手にするのは、HOUSEか?それともHOMEか?***

こんにちは。

最近の新築の家を見ていると、シンボルになるものを設置しているケースをよく見ます。
アイアンのオブジェがあったり、庭があればシンボルツリーを植えたり。

わが家のシンボルは何かというと、リビングにそびえる大黒柱なのです。
樹齢200年を越える丸太のダグラスファーなのですが、
今回は建材チェックの時から今の状況までをご紹介します。

・・・

さて、続々と届く建材を直接見て、あらためて木材の多さに圧倒されたワケですが、
その中でも、ずっと気になっていた存在が大黒柱です。

カナダから届く加工中の風景の写真。
その中でももっとも象徴的な大黒柱。
普通は、大黒柱というのは役割のことであって、大黒柱用の柱があるワケではありません。
ですが、それをあえて他の柱と変えることで、家の象徴にしようという提案でした。

さて、木材の中から大黒柱をチェックしようとしましたが、
届いた建材の山を外から見ているだけじゃわからないので、見せて欲しいとお願いしました。

そして、いよいよわが家のシンボルと初対面となりました。
その太さ、真っ直ぐ伸びた姿、年輪の緻密(ちみつ)さに、しばし見とれてしまいました。

それが、コレです。

【加工前】
SA270056 ***写真:わが家の大黒柱。これが加工前の皮をむいた状態。樹齢は200年以上。角材に製材してもよかったのですが、パートナーKさんのおすすめで『新しい家のシンボルにしましょう』ということで丸太のままにしました。***

【加工後】
SA270032 ***写真:これが加工した後の状態。ちみつな年輪が良く見えます。ただし、建て方のあとは年輪が見えなくなるので、ある意味見納め(?)とも言えるので、現場で目に焼き付けておきました(笑)。***

で、実は大黒柱だけじゃなくて、他の柱とはりにも同じように樹齢200年以上の木を使っているのですが、
特に真っ直ぐで、キレイに丸太状に成長した美しい大木を選んで、大黒柱用にと取っておいてくれたそうです。
数ある原木の中からいいのを選んで、他の人の手に渡らないように印をしてしまったとか・・・。

その心づかいと、歴史を感じる堂々とした大樹に感無量でした。

加工後の写真は表面が白っぽいですが、
加工の後に茶渋の成分をつかった自然の塗料を使って着色しています。
この茶渋から出来た塗料が徐々に色が濃くなっていって、年々味が出るとのこと。
天然成分だから健康に配慮しているだけでなく、木材の表面を水分から保護する役割があります。

なお、このダグラスファーという木はアロマテラピーでも精油して使う成分を含むので、
香りがスゴクいいということを聞いて、丸太を見ながら気持ちは住み始めた時のことを想像していました。

『よくこれだけ真っ直ぐな木を入手しましたね。』
と建築会社の人にいったら、ドヤ顔をして『当然です』と言わんばかりでしたが、
まぁ他の人に取られないように頑張っていただいたのですから、良しとしました(笑)。

いずれにしても、樹齢200年以上の大木が、寒暖の激しい厳しい大地で年に1~2ミリ程度太くなり、
製材前寸法で直径40センチメートル以上に成長したものです。

ちなみに、200年前というと日本は江戸時代ですね~。
何か、歴史を感じずにはいられません。
その木が今まさに目の前に・・・と思うと、ちょっとアツくなってしまいますよね。

ということで、今思い返しても感慨深いその丸太は、
今日もわが家で家を支えてくれています。

ちなみに、夜は大黒柱をライトアップしているんです。
パートナーの建築家Kさんの計らいです。

s-lightup ***写真:わが家のシンボル丸太の大黒柱をライトアップした写真。昨夜撮影しました。5年経過した色もご覧ください。***

そして5年以上経過した今は、確かに色が当時より濃くなっています。

こうしてあらためて見てみると、自慢できるほどの大黒柱ですからライトアップは正解だと思います。
そう言えば、友人宅のシンボルツリーもライトアップしていました。
そちらは年々木が生長して、それはそれでいいなぁと思いました。

せっかく注文住宅を建てるなら、あなたもお家のシンボルを何にするかも楽しんではいかがですか?
徐々に風合いが変化したり成長するものなら、住まいを楽しむシンボルにもなってくれると思いませんか。
あなたの住まい創りを応援しています。

では。


・・・・・・・・・
今回の記事いかがでしたか?
役に立ったと思ったら、ランキング応援のクリックをよろしくお願いします。
つまらなかったら、他の方のブログもどうぞ。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

・・・・・・・・・
よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。
お返事も書きますので、よろしくお願いします。
(ブログに載せない場合は、こちらからどうぞ。
ブログに載せてもいい場合は、さらに一番下のコメント欄からどうぞ。)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村