夢のマイホームを賢く建てるお手伝いに。住宅関連プチ情報、トリビアから本格的な住まいのノウハウまで広くカバーします。

茶渋が成分の塗料がおすすめらしいのですが・・・

s-19tatekata ***写真:建て方のため運び出した木材。表面と断面部の色が違うのがわかりますでしょうか。この色が塗料の色です。***

こんにちは。

昨日からお知らせしておりますが、
『住まパーとは?』のページを更新しました。いよいよ『裏パー』受付け開始です。

 ⇒クリックでページを開く

『初心者必見!』のページを更新しました。【建て方】までを公開しています。

 ⇒クリックでページを開く【解体から地盤改良まで】
 ⇒クリックでページを開く【建て方】

新しいウィンドウまたはタブで開きますので、まだお読みでない場合はブログと合わせてお読みください。

以上、お知らせでした。

・・・・・

さて、建て方について色々話をしてきましたが、
実は建て方の日は小雨だったんですよ。
私も当日立ち会いましたが、短時間なら傘をさすほどでもないけれど、
長時間だとさすがにキビシイ、と言うくらいの量でした。

急に降ってきたので、どうしようもなかったのですが、
柱とはりが残念ながら濡れてしまいました。
日本ではずっと晴れという期間は少ないですので、これは仕方がないですが、
正直施主としては木部への影響が気になりました。

大黒柱はかろうじて「巨大ラップ」の養生のおかげで、濡れずに済みましたが、
他は濡れてしまいました。

で、少し気になったのが、その時に柱から緑というか茶というか雨水に色がついているのです。
そこで近くにいたパートナーKさんにそのことを訊ねました。

すると、
「ああ、あれは木の塗料ですよ。
ちょっと木が断面の色に比べて着色されているじゃないですか。
あれが木を守るための塗料です。
水性のワックスみたいなものと考えてください。」
という回答でした。

どうやら、これが木を雨水から保護するためのヒミツ兵器という話でした。

建て方の時のこのような雨のためでもありますが、
家が建った後も木の一部分は、家の外に出ているため、そこは雨水に当たります。
あるいはお施主さんによっては、柱と梁を外部に露出する『真壁』を選ぶ場合もありますよね?
そういう時のために、木を保護するための水性の塗料を塗ってあるのだとか。

とりあえずは、一安心です。

ただ、わが家は健康住宅を目指していたので、自然素材をとお願いしていたので、
今度はその成分のことが気になりました。
そこで更に追加で訊ねました。

「もちろん、私たちが使う素材は自然素材をベースにしています。
この塗料は、茶渋を使ったものです。
あの色もその茶渋の色が出ているのですよ。
おいしくないけど、飲んでも全く問題ないので、ご安心ください。」
ということでした。

そこで、この茶渋の塗料についてしばし話を聞きました。
しかし、肝心の詳しい話はどうしても教えてくれないのですね。
・・・完全に秘密兵器扱いです。

といっても本当は大したことないだろう・・・と思って製品名を調べようとしても、
残念ながら無理みたいで諦めました。

というのも、これ調合しているみたいなんですね。
つまり、オリジナルってことらしいんです。
そうなると、レシピを教えて欲しくなりますが、未だに教えてもらえていません。

毎年の点検の時に色の具合からこの塗料を上塗りするのですが、
「ハイこれ。今年の分ですよ。」
って調合済みのものを渡してくれます。

・・・で、そのナゾの茶渋由来の水性塗料をハケで塗るのでした。
何だか、一流のバイオリンの職人がどんなニスを使ってるのか?みたいな世界ですが、
今でもナゾのままです。

いつかナゾを解明したいですね。
(もう諦めた方がいい!?)

でも、建て方工程は通りすがりの建築現場でも時々見かけることがありますが、
小雨が降っていることもあって、そんな時はまっさらな木が濡れてしまっているんですよね。
一応ブルーシートをかけるところもあるようですが、完全に防ぐのは現実的には難しいですよね。
中には風が強くてブルーシートがめくれあがっていることも・・・。

私がもしも同じ立場だったら、大丈夫と思っていても、やっぱり心配になるかもしれません。
また、サイトでも、建て方や屋根を張る前の雨のことを気にされている人も多いようですから、
このような木を保護する天然塗料が広まればいいのになぁ、と思ったりします。
(そういう意味では、ナゾを解明しなければならないのかもしれません。。)

もちろん、建て方の時に雨が降って濡れたら、後で乾燥させればいいと言えばそれまでですが、
わが家のように初めから濡れても大丈夫なように保護塗料を塗布するという選択肢もあります。

パートナーKさんはその辺りをキチンとケアしてくれていたので、
小雨の中の建て方でしたが、まずは一安心だったというお話でした。

では。


・・・・・・・・・
今回の記事いかがでしたか?
役に立ったと思ったら、ランキング応援のクリックをよろしくお願いします。
つまらなかったら、他の方のブログもどうぞ。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

・・・・・・・・・
よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。
お返事も書きますので、よろしくお願いします。
(ブログに載せない場合は、こちらからどうぞ。
ブログに載せてもいい場合は、さらに一番下のコメント欄からどうぞ。)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村