夢のマイホームを賢く建てるお手伝いに。住宅関連プチ情報、トリビアから本格的な住まいのノウハウまで広くカバーします。

差し入れにひと工夫・・・感謝の気持ち

s-a0003_000514
こんにちは。

先日からお知らせしておりますが、『初心者必見!』のページを更新しました。
大変多くの方にご覧いただいております。
現在【屋根と外壁】までを公開しています。

 NEW!
 ⇒クリックでページを開く【屋根と外壁】

 ⇒クリックでページを開く【解体から地盤改良まで】
 ⇒クリックでページを開く【建て方】

新しいウィンドウまたはタブで開きますので、まだお読みでない場合はブログと合わせてお読みください。

以上、お知らせでした。

・・・・・

さて、ここまで現場見学について色々お話をしてまいりました。
そこで、その話の締めとして、現場見学の差し入れについて話をします。

まず最初に、『何を差し入れするか?』ですが、
管理徹底している建築会社では差し入れに関して禁止事項があるところもあります。
私が契約した建築会社では、休憩時間に飲み食いする『気持ち』の範囲を越える差し入れを
原則として禁止していました。
そのため、地鎮祭の日の昼食をごちそうするつもりでしたが割り勘だったほどです。

※建築会社によって様々ですが、キッチリした会社はコーポレート・ガバナンスを守っています。
この辺りは社内規定があるはずなので、確認して『何を差し入れるか?』はそれに従います。

ですので、私たちが現場見学に行く時は、飲み物だけを購入して現場に差し入れをしました。
そして、休憩のタイミングが合えば、一緒に休憩しながら話を聞きました。

せっかく職人さんたちからお話を伺うチャンスのなので、自邸以外のことも聞きました。
たとえば、棟梁のIさんから聞いたこんな話。
『最近のプレハブ住宅は組み立てるだけで、自分が今まで積み重ねてきた経験を活かすところがない。
こうすればもっと耐久性が上がるのに・・・と思っても、手を出すことができないのが残念。
その点、廣谷さんのお家は存分に腕をふるえるので、思い切ってやらせてもらっている。』
・・・この話は今でもスゴクよく覚えていますが、こんな話を聞くチャンスですので、
差し入れの後に、ちょこっと話をしてみると面白い話が聞けるかもしれません。

また、工事終盤なら、それまでのお礼も込めて何かプレゼントするのも良いと思います。

私たちの場合は、2月に見学することがあったので、若干時期はずれていましたが、
娘からバレンタインデーのチョコレートをプレゼントしました。

棟梁Iさんを含め職人さんたちは、あまりこの手のプレゼントをもらい慣れていないようで、
とても嬉しそうに照れていました。

当時娘は5歳。
ひとりひとりに『おうちつくってくれてありがとう』と言って、手作りのチョコを手渡ししました。

長い目で見れば、いずれメンテナンスなどでお世話になる職人さんたちですから、
何か気持ちのこもったものを贈りたいですね。

もちろん、コーポレートガバナンスのこともありますし、相手が逆に恐縮するのも良くないので、
ささやかでも喜んでもらえるものがいいかと思います。

お子さんの手紙とかも最高にいいですよ。

エンピツで一生懸命
『だいくさん ありがとう』
って書いてるだけで、スッゴイ伝わりますから。

仕事とはいえ、一生懸命作業してくれた職人さんたちに、感謝の気持ちを贈りたいですね。
人と人のつながりを築けることも、注文住宅の醍醐味のひとつ、だと思いませんか?

では。


・・・・・・・・・
今回の記事いかがでしたか?
役に立ったと思ったら、ランキング応援のクリックをよろしくお願いします。
つまらなかったら、他の方のブログもどうぞ。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

・・・・・・・・・
よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。
お返事も書きますので、よろしくお願いします。
(ブログに載せない場合は、こちらからどうぞ。
ブログに載せてもいい場合は、さらに一番下のコメント欄からどうぞ。)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村