夢のマイホームを賢く建てるお手伝いに。住宅関連プチ情報、トリビアから本格的な住まいのノウハウまで広くカバーします。

引っ越し準備の最初は『見積り』・・・じゃなくてコレ

hikkoshi-junbi
こんにちは。

現場見学をしている最中に並列で進めることは、引っ越し準備です。
会社・学校・役所・銀行などの手続きのこともありますし、
家具類や電化製品の購入もあります。

しかし、引っ越し準備の第一弾は何か?というと、引っ越し業者さんへの『見積り依頼』でしょうか?
もちろん、それも大事ですが、まずやるべきことはというと・・・、

それは『捨てる』ことです。

・・・

私は子どもの頃の引っ越しを含めて、今までに8回の引っ越しを経験していますが、
毎回思うのが『ゴミの移動をしてしまう』ということです。

後から気付くんですよ『あの時に、捨てておけば良かった・・・』と。

引っ越しを終えた後に、開けないままの段ボールの多いこと多いこと。
その段ボールを見るたびに『片付けなきゃ・・・』って思いますが、中々進まないのです。
結局、その開かずの段ボールを開いた時には既に不要品になっていることも多かったです。
(お恥ずかしながら実話です・・・猛反省。)

そういう経験があっても、やっぱりモノを捨てるのは難しいと思うのですが、
それでもやろうとしないと、荷物はドンドン増えてしまいますので、
引っ越し準備の期間には、思い切って処分する期間と考えるのも悪くないと思います。

・・・

ちょうど引っ越しの3カ月前くらいに整理をスタートし始めました。
というのも、引っ越し見積り前に荷物が減らせれば、荷物が減った分だけ見積りも安くなると考えたからです。

整理とはつまり、『捨てる』ものを決めることですが、困るのが判断がつかないモノ。
自分のモノだけじゃなく、家族のモノもあるので自分ひとりで捨てるとは決められないものもあります。
子どものおもちゃ類は、捨てるために心の準備が必要だったりしますので、
お別れ期間も含めて、早めのスタートを心がけました。

思い返せば、転勤でやってきた前回の引っ越しから考えて、

 『夜遅くまで段ボールにつめ込んでたけど、結局使わなかったな・・・』
 『結局この服は一度も着なかったな・・・』
 『壊れていつか修理しようと思ったけど、結局手つかずだったな・・・』
 『もう、これはさすがに時代遅れで使えないよな・・・』
 『これはなんだろう?なぜ残っているのかが思い出せないな・・・』

と、反省にも似た気持ちを思い出しながら、今度こそは!と思い切って捨てるものを選別します。
引っ越しギリギリまで使うものもありますが、そうでないものは、少しずつ捨てて行きます。

本や雑誌などは、特に重い荷物になるので、雑誌はほしいページだけを切りぬいたり、
本はブックオフへ持っていったりしました。
(本は意外と図書館にそろっていたりします。
引っ越し先の図書館のデータベースを確認して、
いつでも図書館で借りられる本は思い切って処分しても問題ないと思います。)

新しい書斎に入れる本は、また新しい気持ちになってそろえて行くという楽しみもあります。
もちろん、何度も読みたい大切な本は、そのまま引っ越しリストに入れます。

一番困ったのは、娘が使い終わったもので、息子が使うまでにタイムラグがるものでした。
これは仕方がないので、持っていくことになりましたが、
あれもこれも残すことはさすがに無理なので、一部処分しました。
まだまだ使えそうなモノは、近所のお友達にあげたりしましました。

原則として、毎日使うもの買い直せないモノ以外は捨ててしまっても何とかなる!
という気持ちで選別しました。

・・・といっても、思いきるのは大変なので、私の荷物を妻が、妻の荷物を私が、
お互いに『もうそれは捨ててもいいんじゃない!?リスト』として指摘しあいました。
ルールは『お互い怒らない』ということでした(笑)。

思い切って、今まで言いたくても言えなかった本音をお互いにカミングアウト!
これで、お互いの言いだせなかった気持ちのゴミも処分して、気持ちまで断捨離!!!

痛いところをお互いつつかれてしまいますが、これも必要な措置のひとつ。
グッとこらえて、聞きます。

そのうえで、処分するも残すも相談しながら決めて行きました。
(ケンカするのが目的じゃないので、捨てるかどうかの最終判断は、相談しながら決定です。)

・・・

お互い、『実は言えなかったけど、この荷物捨てて欲しいと思っていたんだよね』
って気持ちも吐き出してスッキリしたあとは、実際に捨てて行きます。

地域のルールに従って計画的に捨てて行くには、それなりに期間を要します。

例えば、ほとんどの自治体では
『1m以上の木は生活ゴミとして捨ててはいけない』というルールがありますが、
期間に余裕があれば、ノコで1m以下に分解することもできます。

有料で引き取ってもらうのも手ですが、引っ越しとなると捨てるモノも多いはず。
そうなると、チリツモで不経済です。

ホームセンターで購入した800円のホビーノコで、コツコツ分解していきました。

3~2カ月前くらいに捨てるモノを決めて、引っ越し業者に見積りを取りました。
ちなみに、わが家が見積りを取ったのは2カ月前でした。
なお、2カ月前だと引っ越し業者さんからは、結構ギリギリだと言われましたので、
繁忙期に引っ越す人はもっと早く見積りを取らないと、引っ越し日などを選べなくなるかもしれません。

では。


・・・・・・・・・
今回の記事いかがでしたか?
役に立ったと思ったら、ランキング応援のクリックをよろしくお願いします。
つまらなかったら、他の方のブログもどうぞ。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

・・・・・・・・・
よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。
お返事も書きますので、よろしくお願いします。
(ブログに載せない場合は、こちらからどうぞ。
ブログに載せてもいい場合は、さらに一番下のコメント欄からどうぞ。)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村