夢のマイホームを賢く建てるお手伝いに。住宅関連プチ情報、トリビアから本格的な住まいのノウハウまで広くカバーします。

坪単価というのは参考値です

a1380_000408
こんにちは。

よく、坪単価を気にする人がいます。
しかも、気にする人は異常なほど「当て」にします。

確かに、大雑把に会社や建物の予算を組む時には、
私も坪単価を使います。

ですが、坪単価x延べ床面積で、見積もりが出せると
本気で信じていらっしゃる人がいるので、
そういう人にお伝えしておきます。

坪単価は参考値です、と。

広告で坪単価○○万円、と見た時に、
安いと嬉しいのは良くわかりますが、
坪単価の計算にルールはありません。

もう一度言います。

坪単価の計算方法には、決まったルールはありません。

各社それぞれのルールに基づいて算出しています。

坪単価とは、「建物費用÷延べ床面積」として一般的に知られていますが、
建物費用をどこまで含めるか?とか、
延べ床面積をどこまで含めるか?など、
会社によってマチマチです。

分かりやすい例として、
・延べ床面積にバルコニーを入れる会社と入れない会社
・吹き抜けの部分の面積も延べ床面積に入れる会社と入れない会社
・照明費用を建物費用に入れる会社と入れない会社
・様々なオプションを設定して、オプション価格は建物費用に含めない、という会社
など。

割り算の割られる数と、割る数が会社によって違うのですから、
商の坪単価が変わって当然、ということです。

ですが、統一ルールはないので、全てある意味で正しいのです(非常に残念ですが・・・)。
どの会社も間違っていませんので、誰も文句を言うことはできません。

(唯一、社内で統一していなければ、それは間違いと呼べますが・・・。)

逆にいえば、安く見せたければ、
建物費用の一部をオプション価格にして除いたり、
バルコニー延べ床面積に含めたりすれば、ある程度は安く見えます。

坪単価を判断基準にしている人は、そういう背景をよく知ってからにしてください。

見積りは、プランが決まって、そこから積み上げていくものです。

だから、一見同じような広さ、同じような建物でも、
価格に違いがあってもおかしくありません。

だから、大切なのは坪単価じゃなくて、
一緒に予算内に納めてくれるアイデアを考えてくれる、
頼れるパートナーです。

便利な数字、坪単価ですが、
あまりに気にしすぎないことが大切です。

ではでは。

 

・・・・・・・・・
今回の記事いかがでしたか?
役に立ったと思ったら、ランキング応援のクリックをよろしくお願いします。
つまらなかったら、他の方のブログもどうぞ。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

・・・・・・・・・
よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。
お返事も書きますので、よろしくお願いします。
(ブログに載せない場合は、こちらからどうぞ。
ブログに載せてもいい場合は、さらに一番下のコメント欄からどうぞ。)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村