夢のマイホームを賢く建てるお手伝いに。住宅関連プチ情報、トリビアから本格的な住まいのノウハウまで広くカバーします。

引っ越し業者選びには注意

s-a0001_007755 ***普段の生活に加えて、引っ越しの準備。あれこれやってると、時間が足りない!ってことになります。計画的に行けばいいのですが、子どももいると計画通りには中々行きませんね。だからこそ、早めのスタートで余裕時間を作っておくと後々助かります。***

こんにちは。

荷物の整理をしながら、現場からの報告を受けていると、
そのうち引っ越し予定日が明らかになります。

そうなると、今度は引っ越し屋さんの手配です。

独身の時は荷物も少ないので『友達に手伝ってもらう』ってケースもあるかと思います。
ですが、家族持ちになるとそうはいきません。
4トントラック満タンになることも珍しくないです。
ですので、引っ越し屋さんにお願いすることになると思います。

引っ越し屋さんの目安価格もネットでわかったりしますが、
引っ越しは混む時期(繁忙期)とそうでない時期があるので、相見積もりは必須です。
上手く暇な時期に頼めば、大幅割引っていうケースもあります。
(わが家は暇な時期だったのでローコストで引っ越し出来ました。タイミングは大事ですね。)

また、繁忙期は予約がいっぱいで受け付けてくれないこともあります。
引っ越しの日程がわかったら早めに連絡しておくのがいいと思います。

ここで重要なのが『どこに相見積もりを依頼するか?』です。

間違っても『タウンページで片っ端から見積りを取る』というのは止めてください。
なぜなら、新築の、しかも注文住宅の家に荷物を運びこむのですから、
引っ越しを専門にしている会社でないと、家にキズをつけられる恐れがあるからです。

引っ越し専門業者の中には、専用のトラックや2階搬入用のクレーンを持っていたり、
新築の家を傷つけないように保護シートを持っていったり、研修用の引っ越しハウスを持っていたりして、
それはそれは、いたれりつくせりの業者があります。

対して、安いだけの会社にはそれらがありません。

新築の家を大切に思うなら、ここは安全を考慮して、
『引っ越し専用業者』に絞って、相見積もりを取ることをオススメします。

ちなみに、わが家は『サカイ引越センター』にお願いしました。

家の前に大型トラックを止めて荷物を搬入する計画だったのですが、
なぜが引っ越し当日に家の前の道路が工事を始めてしまいました・・・。
(回覧板??もちろん、住んでないので回ってきませんでした。)
やむなく別の場所に大型トラックを駐車して、小型のトラックでピストン輸送になりました。
しかも途中から応援隊まで来てくれて、本当に助かりました。

で、追加費用が発生するのかと思ったら、
『追加費用はありません。』
というではありませんか!

感動して、ご祝儀は多めに渡しましたけど、
世知辛い世の中で、嬉しいじゃありませんか・・・。

このことがあって、私は『引っ越しのサカイ』のファンになりました。
私は友人には『引っ越しのサカイ』をオススメしています。

いずれにしましても、

 ・引っ越し日が決まったら早めに引っ越し業者へコンタクト
 ・必ず相見積もりを取る
 ・引っ越し専用業者に絞る

で業者を選びましょう。
なお、相見積もりにも時間が必要です。
全ての業者さんが、呼べばスグ来て、スグ見積りが出る・・・というワケではありません。
忙しい時期は、待たされることも十分あります。

わが家の場合、3社に同時に連絡しましたが、スグ来てくれる業者とそうでない業者があって、
全ての業者の人が家に来て荷物の量を確認して、見積りがそろうまでに2週間必要でした。
結構見落としがちですが、この分の時間も必要だとお忘れなく。

では。


・・・・・・・・・
今回の記事いかがでしたか?
役に立ったと思ったら、ランキング応援のクリックをよろしくお願いします。
つまらなかったら、他の方のブログもどうぞ。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

・・・・・・・・・
よろしければ、ご感想をお寄せ下さい。
お返事も書きますので、よろしくお願いします。
(ブログに載せない場合は、こちらからどうぞ。
ブログに載せてもいい場合は、さらに一番下のコメント欄からどうぞ。)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村