夢のマイホームを賢く建てるお手伝いに。住宅関連プチ情報、トリビアから本格的な住まいのノウハウまで広くカバーします。

ロフトの収納性能は最高

s-34tatekata ***写真:ロフトの床を支える木材の写真。これだけのサイズの木と数を入れると、重量的に何キロのモノが置けると思いますか?正解はブログの最後をご覧ください。***

こんにちは。

内装の話題に関して何度かお伝えしてきましたが、
今回は戸建て住宅の最も大きな魅力のひとつ、収納に関してのお話です。

住まいづくりにおいて、収納は気になることのひとつ。
折角の住まいが荷物だらけにならないために、収納力を重視する人は多いです。

賃貸では室内を広く見せるために、収納量が少ないお部屋もあります。
その極端な例がワンルーム。
収納がほとんどゼロで、結局ベッドの横のハンガーラックをおいて、
室内がモノにあふれてしまうことも珍しくありません。

家族用の賃貸でも、ワンルームほどではないにしても、やっぱりその傾向は多く見られるようで、
レンタル倉庫をあちらこちらで見かけるのも荷物が収納できない人が多いからです。

ということは、収納を増やしたい!という願いで戸建て住宅を検討する人も多いはず。
そこでオススメなのが、わが家でも採用しているロフトです。

s-loft ***写真:わが家のロフトの写真。ロフトはリビングをはさんで2カ所にあります。***

それで、ロフトの収納力はとにかくスゴイの一言です。
ロフトに子どもの遊びスペースを設けたり、ベッドルームに使うこともありますが、
収納として使うこともオススメです。

その理由ですが、まずロフト収納は生活空間を使いません。
ですので、限られた空間でも、部屋をより広く快適に使えるメリットがあるからです。
あまり頻繁に使わないモノはロフト、頻繁に使うモノはクローゼット、
というように使い分けるだけで、部屋を広くクローゼットは最小にすることもできます。
※クローゼットは容積率に含みますが、ロフトは一定条件を満たせば容積率に含みません。

つまり、間取りに自由度が生まれるワケです。

また、ロフトは視線の上にあるため、ほとんど荷物に目隠しする必要がありません。
クローゼットのようにドアを付ける必要がなく、布をホコリよけを兼ねて掛ければ十分です。

では逆にロフト収納のデメリットはというと、
整理しない人はどんどん荷物をためこむかもしれません。
いくらなんでも収納力にも限界はあるので、定期的に必要最小限の整理は必要です。

それから、定期的な掃除も必要です。
室内と同じように、掃除をしないとホコリがたまります。

これらデメリットはありますが、でも日本の住宅事情を考えると検討してみる価値は十分あります。

あと注意点として、仕上げ材は無垢の木か、もしくは最低限吸湿性の高い材料を使うことをオススメします。
せっかくの収納力があっても、保管したモノが傷んでしまったら、保管する意味がありません。
収納性能は『収納力+保管力』の両方とも満たしておく必要があるので、
メラミンの合板やビニールクロスなどは避けて、吸湿性のある建材をお選びください。

とはいえ、ロフトは私たち家族にとって実際に役立っています。

『収納量が不足していて困っている!』
『家族が多い!』
『コレクションを保管したい!』

という人は、間取り作成の時にプランナーさんと相談してみてはいかがでしょうか?

・・・

最後に、このロフトについて、パートナーKさんと思い出の会話を紹介します。

Kさん『ご家族の思い出の品も多く収納するでしょうから、収納力高めにしておきました。』

私『確かに、これだけあればほとんどの荷物が収納できます。しかし、どれくらいの収納力になるんですか?』

Kさん『2カ所を合計して14.51㎡です。タタミだと9帖弱くらいになりますかね。』

私『それは広くて助かります。』

Kさん『重量だと、ロフト1ヶ所につき象1頭分は余裕です。ハハハハハ。』

私『・・・(汗)。そんなに重い荷物ありませんってば。』

ということで、象1頭分で約4000キロ(4トン)でした。
ちなみに、ロフトは2カ所あるので、家全体で合計は8トンになりましたとさ。
(もちろん、そんなにも荷物はないんですけどね。)

では。


・・・・・・・・・
今回の記事いかがでしたか?
役に立ったと思ったら、ランキング応援のクリックをよろしくお願いします。
つまらなかったら、他の方のブログもどうぞ。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村