夢のマイホームを賢く建てるお手伝いに。住宅関連プチ情報、トリビアから本格的な住まいのノウハウまで広くカバーします。

引っ越しの日のごあいさつ

s-hikkoshitojitsu ***ようやく引き渡しの日になりました。長い長い日々の結晶です。・・・が、その前に、立つ鳥跡をにごさず。引っ越し荷物を払いだして、掃除・公共料金の精算・ごあいさつをします。***

こんにちは。

ようやくたどり着いた建物引き渡し日当日。
朝早起きをしてスタートしました。

荷物は結局夜中までつめ込み作業が続いてしまいましたが、
何とかギリギリセーフ!って感じでした。

午前中に荷物をつめ込み、午後移動で建物の引き渡し、
翌日に新居へ荷物の運び込みをする、という計画になっていました。

・・・

そして、引っ越し当日は、ご近所へのごあいさつから始まります。
最後のお別れ、という意味もありますが、
その前に音や人の出入り、トラックの駐車などご迷惑をおかけするので、
そのことに対しての事前連絡という意味の方が大きいです。

もちろん仲の良かったご家族とは『お別れ』という意味も込めて、
各ご家庭にごあいさつに伺いました。

新築の家に住める!という嬉しい半面、こう言う時はセンチな気持ちもあります。
特に、子どもたちは近所のお友達とお別れですから、複雑な気持ちです。

ですが・・・それもトラックが到着するまで。
引っ越し作業の人たちがドドドッとやってくると、そんな気持ちも吹き飛びます。
超現実モードに突入しました。

どんどん人が入ってきて、どんどん荷物を出します。

配線なんかも取り外してもらい、組み立て式テーブルは分解もしていきます。
業者の人達は黙々と作業を片付けて行きました。

私たちも荷物を運び出した後の、ホコリなどを掃除する必要があるので、
忙しいまま、あっという間に午前中が過ぎていきました。

一通り運び出したら、大家さんのところにごあいさつに行きました。

以前ブログでお伝えしたように、車のガラスを割られた時の事件で、
防犯面での強化をしてもらえなかった・・・というモヤモヤした気持ちもありましたが、
他方では息子が生まれた時に御祝をしてくれるなど、良い面もいっぱいありました。
ですので、最後は気持ちよく手みやげを持って、ごあいさつに行きました。

家族全員で『長い間お世話になりました』と、お伝えしてきました。

そして気持ちを切り替えて、いよいよ家族が新居に移動になります。

荷物の搬入は翌日なので、一晩新居で過ごすために必要な荷物を車につめ込んで一路新居へ向かいました。
午後は完成した新居と初ご対面!です。

では。


・・・・・・・・・
今回の記事いかがでしたか?
役に立ったと思ったら、ランキング応援のクリックをよろしくお願いします。
つまらなかったら、他の方のブログもどうぞ。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村