夢のマイホームを賢く建てるお手伝いに。住宅関連プチ情報、トリビアから本格的な住まいのノウハウまで広くカバーします。

新居で過ごす初めての夜

s-a0001_015340 ***写真:お家の引き渡しは終わりましたが、荷物は翌日に届くため、何もない状態で新居で過ごす初めての夜を迎えました***

こんにちは。

引き渡しも終わって、子どもたちのお家探検が終わったところで、
その日の夜をどう過ごそうか?という話になりました。

外食をしてもいいのですが、連日の引っ越し準備と朝からの引っ越しで疲れた私たちは、
『せっかくの新築の家なので、何もないこの状態で小さな御祝をしよう!
という話になって、近所のスーパーの品ぞろえの確認も兼ねて、買い出しに行きました。

『鍋と最低限の調理器具は持ってきてるから、暖かいモノも用意できる。』
と妻が言うので、はじめは
『引っ越しソバにする?』
という意見もありましたが、引っ越し完了は翌日の予定。

なので、その日はお惣菜と暖かいスープ、子どもの好きなデザート、
私たち夫婦はお酒を買ってきて御祝の乾杯をすることにしました。

好きなモノを各自選んで、家に戻ったらスッカリ外は暗くなっていました。

『先にお風呂にしようか。』
『やったー!大きなお風呂~』

ということで、子どもたちがいつ寝てしまっても大丈夫なように、
先にお風呂に入ることにしました。

大きなお風呂、追いだきができる暖かい湯船(←それまでのアパートは追いだき機能なし)
はしゃぐ子どもたち。
笑顔があふれています。

全員お風呂に入って、リビングでは森をイメージした室内に、
テーブルもないので床に座って『ピクニック気分』での小さな宴会がスタート。

家具も何もないですが、心地いい空間の中で、家族でスッカリ盛り上がりました。
妻も息子が生れてずっとお酒を口にしていなかったのですが、この日は特別にほんの少しだけ乾杯。
ついつい話に花が咲いてしまいました。

そうこうしているうちに、子どもたちが疲れて寝てしまいました。

『和室に持ってきたシュラフを引こうか?』

と言いましたが、妻が

『今日はせっかくだから、ここ(リビング)で寝ようよ。何かキャンプみたいな感じだし。』

というので、その日はリビングにシュラフを敷いて寝ました。

子どもをシュラフに寝かせたあと、またお酒を飲もうと思った時です。
ライトアップされた大黒柱を見あげたら、心の底から嬉しさがこみあげてきました。
ここまでの道のりを思い出してしまいました。
土地のこと、銀行とのこと、土地仲介業者とモメたこと、連日プランを練ったこと、地鎮祭の日のこと。
ようやくやりとげたんだな、という思いでした。

s-lightup ***写真:今も続く、大黒柱を見上げながらの晩酌。あの日からの楽しみのひとつです。***

色々大変なこともありましたが、その瞬間に報われた気がしました。

こんな瞬間は一生に一度あるかないかだと思い、じっくり味わいながら残りのお酒を飲みました。

お酒もなくなった頃、夜も更けてきたので、その日は寝ることにしました。
翌日も忙しい一日になりそうです。

次回は、引っ越し荷物搬入のお話です。

では。


・・・・・・・・・
今回の記事いかがでしたか?
役に立ったと思ったら、ランキング応援のクリックをよろしくお願いします。
つまらなかったら、他の方のブログもどうぞ。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村