夢のマイホームを賢く建てるお手伝いに。住宅関連プチ情報、トリビアから本格的な住まいのノウハウまで広くカバーします。

幼稚園転入で感じる親子の絆

s-sankan1
こんにちは。

さて、引っ越しと共に娘の幼稚園も転入することになりました。
それまでのお友達と離れて、新しい友達の中で娘がどんな生活をしているのか?
とても気になっていました。

そして、子どもも何日か通っている内に、慣れてきたかな?ってころに、
父親参観があったので、幼稚園での姿を見ようと思って行くことにしました。

・・・

初めて見る先生と教室とクラスメイト。
それまで通っていた幼稚園とはズイブン雰囲気が違います。
何というか、近代的というか、全体的に建物も遊具も新しい感じでした。

そして娘の教室へ。
場所すらも分かりません・・・(汗)
クラス名を頼りに探しました。

「娘は幼稚園が変わってなじんでいるだろうか?」

ふと不安になりました。

ようやく教室へ到着。
すでに他のお父さんたちは教室で自分の子どもたちを見つめています。

すると、ただ参観するだけかと思ったら、

「お父さんに送るプレゼント作りをしましょう」ということで、

参加させられることになってしまいました。

急いで娘の席の隣へ行きます。
何せ、園児の教室に、オヤジ連中が入るだけでも狭いのに、
子どもの席の隣で作業する・・・となれば、ギューギュー詰めになることは想像できると思います。

そんなギューギューの中、
娘と一緒に折り紙を折って、切って、と工作をしました。

・・・と、これで一段落。

ところが、よく考えてみると、ギューギューの中、必死で作業していたので、
子どもが幼稚園になじんだかどうかサッパリ見てませんでした。

・・・アカンやんか(汗)

そして、授業が終わったので、初めて会う担任の先生にもあいさつをして、
娘を連れて帰ろうとしたその時です。

「園庭で遊ぼうよ。」

って誘われました。

そして、娘と共に園庭へ行って遊ぶことに。

新しい幼稚園で自分なりに慣れる努力をしていたようで、色々幼稚園を案内してくれます。
そして、他の子に混じって、園庭の遊具で遊び始めました。

「ねぇ見て見て!ウンテイが出来るようになったんだよ。」
「登り棒、一番上まで登れるようになったんだよ。」

一生懸命練習したのか、できなかったウンテイも登り棒も見事に出来ていました。
「うぅ」まだ若いと信じていた私も、ちょっと涙腺が弱っているようでした。
それで、もちろん記念にカメラでその姿を撮影。

今もその写真は大切にしています。

s-sankan2 ***写真:その時の一枚。***

それから、ヒミツのプレゼント。

先ほどの工作とは別に、この日のために作った泥団子。

先生に見つからないように、園庭のヒミツの場所に隠していて見せてくれました。

s-sankan3 ***写真:見つかると、土を戻すように言われる『御禁制の品』の泥団子。前もって作ってくれていたんだとか。***

さらに「ううぅ」、私の涙腺に追い打ちをかけます。

子どもの成長に驚きつつ、その日の参観を終えました。

・・・

帰宅後、妻へその日あったことを報告。

話は弾んで、その日は子どもが生まれた日のことや、
夜中に娘が熱を出して病院に駆け込んだ日のこと、
病院の先生に叱られたこととか、
色んなことを思い出しつつ、妻と話が盛り上がりました。

当時は何とかギリギリ涙腺に勝利した私でしたが、
今は同じ状況だと勝てるかどうか・・・。

ちなみに、娘の結婚式の話が出た時は
『ぜったいに父ちゃんは泣くから、そのつもりでいろ!』
と娘に自信満々で言っておりますが、それは現実になりそうです。

・・・まだまだまだまだ、ずーっと先ですけどね。

では。


・・・・・・・・・
今回の記事いかがでしたか?
役に立ったと思ったら、ランキング応援のクリックをよろしくお願いします。
つまらなかったら、他の方のブログもどうぞ。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村