夢のマイホームを賢く建てるお手伝いに。住宅関連プチ情報、トリビアから本格的な住まいのノウハウまで広くカバーします。

注文住宅で建てた木の家の体験談

s-sumapar_100 ***今回で、注文住宅で建てた私が、建てる前から建てて実際の生活をしてみての体験をつづった自宅編は最終回です。全100回のシリーズの完結編となります。***

こんにちは。

全100回でつづった私の自宅の話はいかがでしたでしょうか?
元々エンジニアだったので、普通の人はあまり気にしないような細かい話や、
思い入れが強いところに関しては、ちょっとオーバーな表現になったかもしれません。

もう5年・・・まだ5年・・・。
書きながら思い出したことなどを振り返って、懐かしく思うこともありました。
ただ、住まいづくりの基本的なところは押さえたので、
何年たっても古くならない内容もたくさん含まれています。

ですので、数年後に家を建てる計画があるという人にも、
十分お役に立てる内容になっています。
忘れずにお気に入り登録しておいていただければと思います。

・・・

さて、住まいづくりというのは面白いものです。

『家』というモノをつくるのですが、本質は『人』なのです。

これはなぜかと言うと、家を建てる時は多くの人が関わるからです。
家電や自動車のように、工場で造って、品質管理されたものを出荷するワケではありません。
色んな考えの人が集まって成り立ちます。
また、住む家族だけを考えても、家族それぞれ意見が違うことも珍しくありません。

多くの人が関わって、1つの住まいを完成させる時、
一番大切なのは『人』ではないでしょうか?
チームワークであったり、思いやりであったり、住まいへの思いであったり、
そういう『人』という視点をどこまで持っているかなのではないでしょうか?

ですが、多くの場合において、住まいづくりにモノの視点が多すぎるような気がします。

前回ブログでもお伝えしましたが、
『人』としての付き合いが出来る会社が、結局は多くのお客さんに支持されているわけで、
ここにこそ、住まいづくりの本質がキラリと見えたような気がします。

だから、これからも人と人をつなぐ架け橋をしていこうと思っています。

・・・

さて、自宅編の最後ですから、最後は今の住まいの心境を記録して締めたいと思います。

無垢の木をふんだんに使った家ですが、基礎と家の木は毎年変化していきました。
初年度は快適で、2年~4年くらいは過乾燥になって、
5年でようやくちょうどいい感じになりました。

2年~4年の過乾燥の時期は、冬場の加湿器の出番もありましたが、
今は全く何もしなくても、湿度は落ち着くようになっています。
木も環境に適応しようとして、がんばってくれていたのですね。

また、クローゼットの中にしまったものがカビることもなくなりました。
ホコリはかぶっても、カビやイヤな臭いが発生することはありません。

思い返すと、娘が生れた時に住んでいたアパートは、
朝起きると台所に薄氷が張るようなところでした。
布団から顔を出して息を吐くと白い息が・・・という部屋でした。

息子が生れた時に住んでいたアパートは、寒い地方なのに追いだき機能がなく、
冬に私が風呂に入る時は、毎晩『夜の寒中水泳』状態でした。
夏はジメジメが部屋の隅にたまり、家具の裏や荷物にカビとホコリが酷くて、
大切なモノが酷いありさまに・・・。

もっとさかのぼれば、学生時代は湿気でジメジメして、
夏場はエアコンを18℃設定にしても、まだ暑くてたまらない・・・
そんなところに住んでいました。
腕が机に触れるところに汗がたまるような、そんな環境でした。

・・・でも、今は違います。

四季を通じて快適ですし、無垢の木の香りの中で生活できているし、
何年、何十年たっても色あせない住まいづくりができたのです。
誰が遊びに来ても、配達に来た人でさえも、ため息が出る空間がここにあります。

そして、あなたが望めば、それは叶います。

目先のモノを追い求めず、長い目でどういう住まいを望むのか?
その上で、住まいづくりに関わる『人』を見て選べば、きっと叶います。

あなたの住まいづくりを応援しています。

s-hikkoshitojitsu
・・・

以上、私が建てた注文住宅の木の家に関する自宅編はこれにて終了です。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

わが家を紹介してきて、

『自分もそういう住まいづくりをしたい』

という気持ちになっていただけたなら、お伝えしてきた甲斐があります。
もしよろしければ、あなたのご感想をお聞かせください

・・・

SPECIAL THANKS.

sumapar_logo
全100回を通じて、アドバイザーを務めていただいた顧問およびメンバーの皆さま、
ご協力ありがとうございました。

・・・

次回からは、新シリーズをお送りいたします。

では。


・・・・・・・・・
今回の記事いかがでしたか?
役に立ったと思ったら、ランキング応援のクリックをよろしくお願いします。
つまらなかったら、他の方のブログもどうぞ。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村